あなたが肩こりを治せない理由、教えます。

「マッサージに行ってもすぐ元に戻ってしまう…」を解決します!
10歳からの肩こりを26歳で治した経験をお伝えします。

お腹を一瞬で引っこめる方法。

2016-09-15 18:39:40 | 肩こり、腰痛

こんにちは、「マッサージに行ってもすぐ元に戻ってしまう…」を解決します 山本たか子です。

 

「お腹出てるで!」…と言われて、とっさにお腹を引っ込めたことありますか? 

 

恐らく、やったことない人の方が少ないのではないでしょうか。笑

条件反射ですよね。

 

でも、この上の図の引っこめ方…

意味ないんですよ。

 

なぜか?

脇のお肉がへっこまないから!

がーん( ̄□ ̄||)

 

この原因は、ぽっこりお腹をなおすのに必要な筋肉と 全く関係ない筋肉を使ってしまっているから です。

お腹を引っこめた”つもり”で、本当は引っこめられてないのです。

 

では、どうすれば正しくお腹が引っこめられるのか?

それは、あばら骨を持ち上げる です。

 

両手であばら骨全体を包み込むようにつかんで、ぐっと上に持ち上げてみてください。

こうすると、あら不思議?

下腹や脇のお肉がぐっと持ち上がってお腹周りがすっきりします。

 

これが正しいお腹の引っこめ方です。

お腹がぽっこり出ているような人は、お腹だけでなく体全体がゆるんでいます。

お腹は胴体の一番下にあり、しわ寄せが全部くるので目立つだけ。

全体を引き上げるように引っぱると、お腹周りの負荷が減って全体がスッとするわけです。

 

間違った筋肉でお腹を引っこめたつもりでは、ぽっこりお腹はぽっこりのままです。

ほんの一瞬でも正しい筋肉で引っこめるくせがつけば、段々と筋肉が育っていくので、本当にお腹が引っ込むようになっていくのです。

 

こういう些細な違いが、体が良くなる人と悪くなる一方な人の違いです。

お腹を引っこめたつもり。

背筋を伸ばしたつもり…。

つもり…、ではいつまで経っても体は変わっていかないのです。

 

 

重要なお知らせ 

セミナー情報

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« つま先立ちをしても足は細く... | トップ | 趣味は読書とパソコンでも肩... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

肩こり、腰痛」カテゴリの最新記事