クラシノ ソラ( 暮らしの空 )音楽とアートと詩と……。いつか見た懐かしい世界へ

忙しく過ぎる時間の中で、貴方のそして私の心のやすらぎとなりますように……。

ジャン ミッシェル フォロン ( JEAN MICHEL FOLON )

2017年05月14日 | アート
ジャン ミッシェル フォロン ( JEAN MICHEL FOLON )

 自分は若い頃から気が多いと云うか、飽きっぽいと云うか、今、流れているCMのように
「 ひとつのことをコツコツと 」なんて苦手でした。でもフォロンさんだけは今でも大好きです。
若い頃にオリベッティ・タイプライターのポスターを見て
「 いつか自分もこんな絵を描いて見たいなあ 」と漠然と憧れたものです。
いつもですが、自分の拙い知識よりはウィキペディアの情報を頼ります。
以下はフォロンさんのプロフィールです。

フォロンさんは1934年ブリュッセル生まれ。
はじめのうち建築を学んでいたようです。( 途中で絵画に転向します。)
1965年に「第3回美術の中のユーモア・トリエンナーレ」で大賞を受賞。
1969年最初の水彩画展をニューヨークで開催します。
一年後には、東京・大阪・ミラノでも展覧会を開き、以降各地で作品展が開かれるようになります。
ニューヨーカー、タイムズなど雑誌の表紙やポスターを手がけ、アポリネールやカフカ、カミュなどの
作品の挿絵なども描いています。またアニメーションや映画の制作など異分野での活動も行ない、
2000年10月には、自らフォロン財団を設立。
2004年2月にミュージアムをリニューアルオープン。
子供たちの芸術教育の一端を担う活動や、身障者など社会福祉への貢献にも参加する。
2003年には、ベルギーのユニセフ国内大使に任命されたりとその活動は幅広く評価されています。
彼の作品にはそれぞれにテーマ性があり、独自のテクニックが用いられる。
作品に見られるナンセンスともいえる遠近法が視覚的効果をもたらし、
私たちをフォロン芸術の世界―詩と夢の旅―へと導いてくれます。
2005年没。



ジャンル:
芸術
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エイミー・ワインハウス「 Ba... | トップ | ホセ・フェリシアーノ「 Ange... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。