externalResourcesRequired

Scalable Vector Graphics等,不定期

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

text-rendering

2006-12-05 | 仕様
text-renderingプロパティは、文字列の描画処理の最適化の手がかりを与える際に使われます。

text-renderingプロパティによって、文字列を描く際に速度、読みやすさ、幾何学的な正確さのどれを優先して行うかを判断するための手がかりが与えられます。
SVG Tiny 1.2では外部のCSSをサポートしていないので、text-renderingプロパティの値を指定する場合はtext-rendering属性を利用します。

text-rendering属性の値は"auto"、"optimizeSpeed"、"optimizeLegibility"、"geometricPrecision"、もしくは"inherit"です。
"auto"の場合は、ユーザエージェントが速度、読みやすさ、幾何学的な正確さの適切なバランスをとるべきことを示しますが、読みやすさが最も重要視されるべきです。
"optimizeSpeed"の場合は、ユーザエージェントが速度を読みやすさや幾何学的な正確さよりも優先するべきことを示します。時として、アンチエイリアス処理を行わないことがあります。
"optimizeLegibility"の場合は、ユーザエージェントが読みやすさを速度や幾何学的な正確さよりも優先するべきことを示します。しばしば、アンチエイリアス処理、組み込みのフォントヒンティングの一方あるいは両方を行います。
"geometricPrecision"は、ユーザエージェントが幾何学的な正確さを速度や読みやすさよりも優先するべきことを示します。通常、フォントヒンティングを行いません。

例えば、
text-rendering="auto"
のように書けば、文字列を描く際にユーザエージェントが速度、読みやすさ、幾何学的な正確さのバランスをとるべきことを示します。

text-rendering属性がない場合は"auto"として扱われます。
ジャンル:
地図・グラフィック
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« shape-rendering | トップ | image-rendering »

コメントを投稿

仕様」カテゴリの最新記事