重慶でラン&山登り

マラソンと山登りが趣味。
重慶の街を走って見つけた面白いことを記録します。

2017Xtrail武隆100 その2

2017-05-14 16:58:45 | 武隆100
5月6日朝
朝食の後ドロップバッグを預けます。ドロップバッグはcp3とcp7にそれぞれ置けます。レースは8時30分スタートですがドロップバッグは8時までに預けなくてはいけません。時間にルーズな当地の人々。当然8時過ぎに持ってくる人もチラホラいます。しかしすでにドロップバッグを積んだ車は出発してしまい、荷物を持って呆然としていました。意外と時間に厳しいレースのようです。


当日はあいにくの雨。


靴カバー。滑らないのでしょうか?


チェックポイントは腕輪式のものと

もう一つはリュックにつける形式。

8時30分時間通りにスタートします。


雨の中最初はロードの下りから入ります。

民家から黄色い声援が飛んできます。


雨の中の応援力になります。


ロードを下ると気持ちの良い山間にでてきます。


しばらくするといわばのトレイルに入ります。楽しいです。


気が付くと天生三橋の中にいました。ここは黄金甲の舞台となったセット前。


少し行くと50kmのレースとの分岐点となります。
50kmは真っすぐ天生三橋の方へ、100kmと25kmのレースは左の方へ行って階段を上って行きます。


景色は圧巻です。


この景色の中を走れるだけで参加した甲斐があったというものです。


要約CP1に到着。


エイドは可もなく不可もなく。最低限はそろっていました。

その後階段を上っていき天生三橋の入り口まで行きます。

トランスフォーマーの像と記念に。

その後地縫まで降りていきます。

懐かしい景色です。


観光名所も駆け抜けます。


本格的に山に入っていきます。


石の上。雨のせいで滑りやすいですが歩きにくい。


CP2に向けて25kmのレースとの分岐です。左に行くとすぐにエイドが。


エイドにドリップコーヒーがあり得ました。雨の寒い中、体が温まります。

まだまだ先は長いです。

つづく。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017Xtrail武隆100 その1 | トップ | 2017Xtrail武隆100 その3 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。