健康塾通信

皆様がより健康であるための情報やご家庭でお手軽にできる健康法をお伝えいたします。

呼吸法 ①

2010年07月31日 23時55分47秒 | Weblog
猛暑続きの七月も今日で終わりです。

これからが夏真っ盛りなのに、この暑さでは呼吸も乱れます。


さて、呼吸は日常当たり前のように意識もせず行われています。

でも体調が悪くなると通常の呼吸が出来なくなり肩を上下して呼吸したり、息遣いも荒くなったりします。

呼吸は字のごとく呼気(吐く息)と吸気(吸う息)ですが、意識をして行うことで
身体に及ぶ効果も様々なのです。

胸式呼吸や腹式呼吸は良く知られていますが、今日はヨガの「肩鼻呼吸」をご紹介いたします。

皆さまもご一緒に体験してみてください。


「肩鼻呼吸」

①まず人差し指と中指二本を眉間に当てます

②親指で右の鼻を押さえ、左の鼻からゆっくり息を吸い込みます。(ゆっくり1234のリズムで)

③次に薬指で左鼻を押さえ、親指をはなして右からゆっくり吐きだします。吸う息の倍で8呼間使ってゆっくり吐きます。

④同じ要領で3回繰り返します。(左から吸って右から吐く)

⑤今度は先ほどと反対で薬指で左鼻を押さえ右から吸っていきます。同じ要領で4呼間で吸います。

⑥親指で右鼻を押さえ薬指をはなして左からゆっくり8呼間で吐きだします。

⑦やはり3回繰り返します。

*1回ずつ交互でもかまいません。また口からは吐き出さず、鼻のみで行います。


この呼吸をつづけると、左右のバランスが整い、血液の流れが良くなります。


いかがですか?

要領がわかりましたら、できるだけリラックスした状態で癒しの音楽でも
かけながら行ってみて下さい。


では次回も呼吸法をご紹介いたします。



今回は中央線の車窓からのワンショットでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

暑中お見舞い申し上げます。

2010年07月25日 11時26分31秒 | Weblog
大変長らくお休みしている間、猛暑の季節に突入いたしました。

皆さま暑中お見舞い申し上げます。

梅雨明けと共に連日30度を超える暑さに、日本のみならず世界各地からも気温上昇のニュースが飛び込んできています。

ところで更新をお休みしていたこの二カ月余り、毎週様々な関連学会に出席していました。
お医者様の専門分野の学会だけでもかなり数が多く、私達医療従事者にとってもこの時期は新しい情報を、開拓し研鑚する機会でもあります。
特に今回、東大で開催された「日本リンパ学会」では癌手術後のリンパ浮腫に対するリンパ吻合手術に関する症例が多く紹介されました。


私達は婦人科がん(乳がんや子宮がん)手術後の保存的療法として、徒手によるリンパドレナージと圧迫療法・運動療法などの複合理学療法を行っていますが、浮腫が発症して早い時期による吻合手術が良い成果を出しているというものです。

元来、リンパ浮腫は一度発症すると生涯を通してむくみと付き合うものでした。
我々の行っている「複合理学療法」は少しでもQOLを上げていただくものですが、患者さまの負担はとても大きいものです。

今後さらなる、医療の発達に期待していきたいと共に、リンパ浮腫への心配をされている方々への朗報かと思います。


ところで、すっかりお休みしている間スキルアップをしていました。
かつて学んだヨガや太極拳など更に研鑚している日々です。

それから、ツイッターもはじめましたので今後ともよろしくお願いいたします。


私は首の後ろにアイスノンを巻きながらパソコンに向かっています。
皆さまも個々に暑さ対策を万全に、日々すこやかにお過ごしください。

ではまた近いうちに


photo :河口湖 ラベンダー
コメント
この記事をはてなブックマークに追加