M S Technical Laboratory

趣味の電子回路工作の成果を披露する場のつもりですが、他の趣味に関わる画像も載せていきます。

水位alarm

2017年03月20日 21時11分23秒 | DIY Electronics
74HC14を活用した回路で、これが3台目です。久しぶりに田舎で一人暮らしをしてみて必要性に気づいた風呂の水位alarmで、一号機は単身赴任先で使っていました。今回が最も手を抜いた造りになっています。

CaseはPC-VANを始めたときのmodemが入っていたもの。電池holderとspeakerは小型radioの前面panelをそのまま移設。sensing用のcableはRJ-11を使うので、本体との接続もモジュラがついています。これは、解体した電話機からの取り外し品を基板ごと再利用です。余分なAC adaptor jackがついていますが、外す手間を惜しみました。電源SWとLEDを固定しているのは、シャーシ加工で出た廃材を折り曲げたものです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Hamburg trioのSchumann | トップ |   
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お風呂水位センサー (ヨシザワ)
2017-03-20 22:30:44
昔作ったことがあります。ダーリントン接続したTrに水による微小なベース電流を流す方法でした。でユニジャンクションTr(だったかな?)かなにかでON状態を保持してブザーを鳴らすといったもの。センサーである標準プラグをバスタブに垂らしていました。確か「模型とラジオ」誌に出ていたような。ほんと50年近く前のお話です。
UJTというところが (CPU.BACH)
2017-03-21 21:45:49
時代を感じますね。「子供の科学」や「模型とラジオ」に作例が載っていた記憶があります。田舎の風呂は当時の方式のままなので、水位センサが必要でした。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL