CozyConer

サッカーやグルメや日常のちょっとしたことをつらつらと。
JリーグのFC東京を強烈に応援しています。

東伏見稲荷から田無神社へ

2017年03月20日 | まち歩き
花粉真っ盛りのお彼岸です。外に出るのも恐ろしいんだけどジッとしてるのも精神衛生上よろしくないよねぇ…

と言う事で、ご近所の神社仏閣巡りに出かけました。

まずは西武新宿線の東伏見駅を目指します。この駅はアイスアリーナがあってローカルな駅ではありますが駅前は小綺麗に整備されてます。

しかし一歩裏に入ると閑静な住宅地。某大手通信会社の研究所も近く、たまに仕事で利用していた駅ですが、伏見稲荷までの間、道路が変わっててビックリしました。




到着したのは東のお稲荷さん、東伏見稲荷です。京都の伏見稲荷の支店の様なイメージ(^^)

余談ですが、西武新宿線の「東伏見」駅はこのお稲荷さんにあやかり付けられた駅名ですが、それまでは「上保谷」と言う駅名だったそうです。




本殿でお参りした後裏手に回ってみました。



お塚参りの参道があり、案内板によると大小20のお社がある模様。朱色の鳥居で参道が囲われていました。もちろん全部のお社、神様達にご挨拶(^人^)



御朱印もいただき、次の現場へ(笑)

再び電車に乗り、今度は西武新宿線の田無駅で降ります。10分も歩かない内に田無神社に着きました。




この神社は龍神様を祀っているようです。さほど広くない境内ですが、たくさんの人がお参りしてました。

ちょっと意外だったのは…




現在ドイツ、ブンデスリーガのヘルタに所属していて、日本代表のサッカー選手、原口元気が田無神社で挙式挙げてるんですよ。
浦和レッズ時代、彼は素行がアレで良いイメージ無かったんだけど、これで一気に親近感湧きました(笑)

何でここで?と思ったので、ネットで調べてみたら、どうやら奥さんの実家が田無神社のようですね。もう間も無くワールドカップアジア最終予選ですので原口選手の活躍を期待しちゃいます(^^)

こちらでも御朱印をいただきました。




さてさて、この田無神社に来る途中、立派なお寺があったのですが、黙って通り過ぎる訳にはいきません( ^ω^ )



真言宗智山派 田無山 總持寺
と言うのが正式なお寺の名称ですが「田無不動尊」で呼び親しまれているようです。

ご本尊が良く見えなかったのですが、ご不動様ですので、きっと怒りに満ちた凛々しいお顔をしていることでしょう。以前高幡不動尊にお参りした時に、ご不動様は怒りや苦しみ、悲しみを一手に引き受けているために厳しいお顔立ちなんだ、と言うことを学びました。
御朱印巡りをしていると、いろいろ学べて楽しいです(^^)




御朱印もしっかりいただきました。お寺用の御朱印帳を持ってきてて良かった(^o^)

春うららで散歩日和でしたが、花粉が恐ろしいのでランチを済ませて早々に帰宅。目のかゆみが止まりませんが、原口選手との意外な出逢いがあって楽しめました!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 親友 | トップ | 福と徳 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む