Женска Пияница 

ピアニッツァは、ブルガリア語で「酔っ払い」
ふらふらふらふら、いろんなものに酔ってます!?

おみや-①

2008年07月31日 | Bulgaria
今年は例年になく寒いブルガリアだったので
ビールは26日のドルコボでチラッと飲んだきり(モスクワでもちっとだけ

(ほぼ)アルコール抜きで超健康的なセミナーでしたが

もし暑かったらじゃんじゃん飲んでいただろうなぁ
そしたら、「まさかの坂」になっていたかも


もう中身は飲んでしまってカラですが
缶を捨てる前に記念写真をとってみました。

シュメンスコとカメニッツァ
両方ともブルの代表的なビールです
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

暑かったでしょ?

2008年07月30日 | Weblog
世の中には
似たような人とか、ものとか、、いろいろありますけども、


家人が勤務先でおばちゃんにこんなことを言われたそうな~




「ブラジル、暑かったでしょう





え・・・・?
(いえいえ、フリース着て、レッグウォーマーはいて、夜は暖炉に火が入ることもありましたが?あ、、腰にホカロンも)





それほどに、認知度がないのか
ブルガリア。

お土産のクリーム、
ばらのハンドクリームなんだぜぃ!

ブルガリアだしょ


こんなんだから、
ソフィア(ブルの首都)への直行便が出来ないんだ、そうなんだ

近所のクロアチアは直行便があるのにさ。



暑い・・・・といえば
うちはまだエアコンの掃除をしていないので
使っていませんが(エコ

首に保冷剤巻いてようやくアコ練も再開。

数分弾いて、蛇腹がガバガバ、バリバリ広げるたんびに音をだすし
音がまっすぐ伸びず、ガクガクになってしまう。
最初は、ずっと放っておいたからかな・・・と
空気を沢山入れましょう!と思い
じゃんじゃん広げても、さっぱりガクガク音は収まらず

へんなのぉ~
と思いつつ
身体と接着した蛇腹を覗き込んだら
蛇腹保護カバーの糊付けがはがれて
蛇腹にべたべたこすられて
糊が蛇腹にもくっついて
べたべた~になっていた。

車で言うなら、ハンドブレーキがかかったまま
無理くり運転してる感じ?(そこまではいかないか・・・)

とにかくいずい・・・

糊がはがれちゃったのは、暑さのせいかも。
湿気もあろうし・・・

アコ練は中断し、蛇腹にくっついたべたべた糊を濡れ布巾で拭き
蛇腹保護カバーのはがれたふちは椅子の重みを借りて接着中



なくてもいいけど、あったら便利なカバーですから
大事にしないとね。

それにしても、あつい。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平常運転

2008年07月29日 | Weblog
(モスクワの免税店でみた人形)


ブルガリアの避暑地ユンドゥラでは長袖にフリース、レッグウォーマー、背中にホカロン
というほとんど初冬(ブルの若者は短パン・ノースリーブでいたけど)のようないでたちで過ごしましたが


帰ってくると、

このじっとり、びた~っとした暑さ。
蝉まで鳴いてうるさいし・・・

かないません

アコを触る気にもなれないし
食事も作りたくないし

水がないのでこれだけはなんとかせねば!・・・と
朝こっぱやく(5時半)サミットに行ってきました。

昨日のうちに旅行分の洗濯を終え
お土産もかたづけ、家の中はもういつもどおり。
今すぐにでもやろうと思えばアコ練出来るはずなんですが~



ブルガリアでのセミナー中、もしも時間があったら!
と、思ってこちらで習っている楽譜を数枚持参しました。
けれども、結局、1曲弾いたかな?くらいのもんで
全然開けず(ブルアコでそれどころじゃない)

つまり、こちらで習っている曲はもう10日以上弾いていないことになりますから
どうなってるんでしょう。

すっかり出来なくなっているかもしれない
と思うと余計気が進みません。

部屋の中は30度。

早くバイトに行きたい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一年ぶりの再会

2008年07月28日 | Bulgaria
本当はもっとゆっくりお話したかったんですが
諸事情ありまして、、、、

初代ブル語の先生の
Gちゃん、SちゃんそしてEちゃんとは
ホテルのレストランでお茶を飲みながら
近状報告。


とっても久しぶりなんだけど
なんだか横浜にいるときのように
お話できた

2人とも、ぜんぜん日本語忘れてないし、
Eちゃんは
「こんにちは!」のご挨拶もできて
日本語の歌も歌えて・・・

うちらのブル語をすでに抜かしてるんじゃないんですかい?

かわいいEちゃんを見てると飽きないし
Gちゃんもやわらか~い、すてきなママになっていました。

次回はゆっくり時間が取れるようにしたいものです


空港へはカヤ・フリストに送って頂
無事、まさかの坂もなく成田にたどり着きました。
横浜は、
あっついです

蝉がうるさい・・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

最後の朝

2008年07月27日 | Bulgaria
こちらは泊まったホテル。


夕べの雨も上がり、荷造りをして
朝ごはん

ホテルのレストランへ降りていくと
すでにSさんと、Kちゃんが

昨日のうちにホテルの周りを歩いた・・・というKちゃん情報により
24時間スーパーがすぐ近くにあるそうで
さっそく最後の買出しに出かけました

                  日曜日なので人通りが少ないです。








ブルの花屋さんは開店時間が早いんですね。
まだ8時前なのにもう店先に並んでます。



そしてまた食べ物を買うんです。
24時間営業のスーパーです。

お米も売ってます


心残りは沢山あります
       

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ソフィアへ

2008年07月26日 | Bulgaria
サボール会場の猫ちゃんに見送られ?
17:30バスに乗り込み、
ビールを飲んだせいか、バスの中ではうたた寝

途中でバスが止まったと思ったら
早めの夕食でレストランへ。(18:30)

あらら・・・。
こんなに早い時間に食べるのだったら
ビールもアイスも止めておいたのに・・・


今年初めて外で食べる食事です。
下界は暖かいんですねぇ
パンにたかるハエも久しぶりに手で払いました

ショップスカサラタ



スビンスカパルジョーラ(豚のステーキ)・・Sさんにすこし手伝ってもらいました。



デザートは桃



途中イヒテマンで休憩。


21時ちょい過ぎ、ソフィアのホテルに到着。
ここは蛇口をひねるとすぐお湯が出る~(当たり前の幸せ


サボールで買ってきたチョコを味見しながらコーヒーを飲んで一服
             



TVで「ダイハード」を見る。
字幕がブル語で興味深いけど
早すぎて全然読めない


夜はまた雨




明日はもう帰る日です。
楽しいときはすぐに過ぎるもんです
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サボール食べ物編

2008年07月26日 | Bulgaria
サボールの見学は自由行動でしたが
お昼ごはんはみんな一緒。

ピレシカスパとピレシカパルジョーラ(鳥のスープと鶏肉のステーキ)
スープは半分、家人に食べてもらい
ステーキはKちゃんに半分手伝ってもらいました。


ランチのあとは舞台を見るのにもくたびれて、露店を見て回りました。
民族衣装を着ているおばちゃんずが
普通に買い物している風景は、妙に面白いです。

                


今回ブルに来て始めてのビールです!
ようやく飲める気温になってる感じ。


ナッツ入りのアイスクリームもとてもおいしい。
これで200円弱ですから、日本と変わらないかな。





またお菓子を目当てにお店へ

             チーズ買いたいけど、、持って帰られない・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サボールの音楽家

2008年07月26日 | Bulgaria
それぞれの参加グループは
踊り手(または歌い手)のほかに楽器の生演奏がつきもの。

CDで踊っていたのは、子供のグループだけでした。

アコーディオンはタパンとあわせたり



ガイダとあわせたり


各グループに登場してくれるので
ついつい踊りよりアコ弾きさんに目が行ってしまいます。












舞台を終えて帰り際
一番人気だったのがこちらのイケメンアコ弾きさん
ボタンアコです。




ケースにいったんは仕舞ったものの、
興味津々のおじさんたちに囲まれて
もう一度身につけてます。


            
で、彼が弾いてくれればいいものを
カメラ抱えたおじさんがお友達のおじさんに
「弾いてみろ、触ってみろ!」
というので、当人のイケメンくんは蛇腹だけ動かして
右手はおっちゃんが触ってます。


アコーディオン以外でも面白そうな楽器は沢山ありました。



左から2人目・・・右手は太鼓を叩きつつ、左手は片手で笛を吹きます。



日本でこんな構成のガイダの演奏を聴ける日も近い?
Sさん、Kさん、Mさん、それにKちゃん、、、あ、Nねーさんも出来るはず!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

セミナー7日目サボールへ

2008年07月26日 | Bulgaria
ユンドラを9時ちょい過ぎにでて
ドルコボのサボールに10時着。 

舞台までの道には露店が沢山


                   
日本のお祭りと変わりありません。



舞台は屋外。
前日の大雨で、にわか作りの木の長いすには
雨水がたまりとても座れそうにありません。






一番前の舞台袖でかがむようにして(後ろの迷惑にならないよう)
見ていました。
日陰は長袖でも寒いです。


いろんな国のいろんな地域の踊りのチームが参加しています。
ブルガリア、マケドニア、ギリシャ、スペイン、クロアチア、スロベニア、、、,等全9ヵ国(たぶん)


















舞台の歌にあわせて、出番を終えたグループが
空いたスペースで踊って楽しそう。

こんな光景は良く見かけます。






ギリシャからの参加。
とても素敵な衣装です










楽器はそれぞれお国柄で違いますが
アコーディオンは良く見かけます。
それもWeltmeister

オーナメントははがれぼろぼろのアコーディオンが目立ちますが
音はやっぱり民族音楽にむいているんでしょうか?
レジスタは多分クラリネット辺りのリード1枚で弾いてる感じです。



おじさんの手も良く動きます
すんごいねぇ


カメラ目線もありがとさんです!

後半へつづく。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

セミナー7日目朝

2008年07月26日 | Bulgaria
今朝は4時ごろから目が覚めて
ゴロゴロうだうだ


ユンドラは今日でお仕舞い。
外の天気が良さそうなので最後の散歩へ。


                  


ホテル前の道路を牛たちがお食事に山へ出かけるところです。

群れの真ん中に入って写真を撮ろうとすると
やっぱり牛は大きいです!
一寸ひるみましたが、
牛を誘導しているおばちゃんが
「何もしないからだいじょうぶだよ」
と、多分言ってくれた・・?ように感じたのでそのまま居座り、
なんだこいつ?的な目で見られはしたものの(牛に)
蹴飛ばされることなく
かわいらしく穏やかな牛さんでした


朝食を終えて部屋に戻ると
ホテルの門にカヤ・フリストがバスの到着を待っています。
9時出発に間に合うか心配しているのかな。
     

                

最後のほうで気が付きましたが
部屋の鍵の番号が違っています。
うちが泊まったのは
412号室。




                 
あんまり細かいことは気にしないんですね。
ブル人って。



ホテルの近所に住む兄弟わんこ





10名弱のメンバーですが、
こんなに立派なバスで移動です。



フリストが自家用車で先導します。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加