楽園の泉

鉄レーサー養生記

先日の結果

2017-06-29 | カメラ

フィルムの現像が済みプリントが完了しました。それをスキャナで読み込んだので、画質はその程度ということで。

 

 

ジャック。

 

 

クィーン。

 

…フィルムのほうが深みがある、ような気がする。 

この2棟についてはコンデジのものを一緒に挙げます。

クィーンに付いてはもう1枚。

傍に立っている椰子の並木が、南方の植民地っぽさを添えている。ちなみに上のほうの影は、スキャンするときに写ったゴミ。

 

4塔目の『エース』、旧横浜正金銀行、今の神奈川県立歴史博物館。

 

以上、OLYMPUS M-1(ZUIKO MC f=50mm 1:1.4) での撮影。

 

 

ちょっと散輪。

いつもの観音崎。

 

マルハナバチ?

 

ハマカンゾウ(多分)

 

ガクアジサイ。

…ネコ。

 

昔の灯台が地震で崩落した、残骸。

角度を変えて。

 

こっちは

OLYMPUS XZ-1 ; i.ZUIKO DIGITAL 6-24mm F1.8-2.5

 

『写真』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 超特急で行く横浜五塔 | トップ | ナンマドル »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
いいと思うヨ! (ken)
2017-07-02 18:40:12
 初めてのフイルム撮影、被写体選びが難しいネ!特に空が白い時。ピントはさすがお見事!
 観音崎花二体、このアングルは好きだね。背景のぼかしをどの程度にするかで写真の出来が大きく変わってしまう。
 これもあくまでも好みだけど、検討の余地ありかな?
久しぶりに (くんくんの父)
2017-07-03 21:05:58
もうフィルムカメラに戻ることはないと思いますが、旧式デジイチ引っ張り出してまったり撮影したくなりました!
>>o-kenさま; (さくらなみき)
2017-07-03 21:30:04
コメントありがとうございます。

とりあえずの目標として「ピント」と「水平」に注意を払って撮影しました。この日にここに行ったのは、緑青吹いた塔の屋根が真っ青な空に喰われちゃいそうだと思ったからです。その目論見はまぁまぁ当たりました。

観音崎のものはコンデジでの撮影なので、やはり「全体的にピントが合ってしまう」癖が顕著ですね。1枚目は「とにかく蜂!」だったので何とか深度を表現できましたが、あとの2枚はカメラで撮ればよかったです、良くも悪くも「一期一会」です。

どのように「表現」していくか、まだまだ経験を積んでいく段階です。
>>くんくんの父さま; (さくらなみき)
2017-07-03 21:33:33
実は、自転車でのんびりまったり写真撮影ツーリングなんてのも面白いと思ってます。

自転車を背景の片隅に置いて撮影できる、素敵な場所は常に探してます。
Unknown (くんくんの父)
2017-07-04 07:32:51
> 自転車を背景の片隅に置いて撮影できる、素敵な場所

同感です!
>>くんくんの父さま; (さくらなみき)
2017-07-07 14:53:54
あとは「そこにいるだけでサマになる自転車」に仕立て上げるという手があるのですが。

コメントを投稿

カメラ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL