光琳眼鏡店 ボンベルタ店ブログ

千葉県成田市のボンベルタ成田の5階にあるメガネ店です。じっくりとお話を聞き要望にあったメガネをきちっとお作り致します。

正しいメガネのお手入れの仕方 伝授します。

2017-05-16 20:00:00 | 新参者

今晩は、みなさん。

暑い日が続きますが寒暖差には注意したいものです。

さて、最近 お客様より「メガネってどうやってきれいにすればいいの?」
とお尋ねされる事が多々あります。

メガネって、よくみると意外と汚れているものなんです。
人間の皮脂だったり、空気中の砂ぼこり、食事中に飛び散った汚れだったりと。

恥ずかしいので、そんな汚れは他人に見られる前に、自分できれいにしましょう!

そこで今回は、大事なメガネをいかにして永年にわたり継続して利用していただくか伝授します。

光琳眼鏡店直伝・ご家庭でのめがねのお手入れ方法をご紹介します。

 

①まずメガネを流水ですすぎます。

チリや砂粒などの細かいホコリがついたまま拭くとキズがついてしまいます。
しっかりと洗い流しましょう。
ただし、レンズは熱に弱いのでお湯は厳禁!
ちゃんと水で洗ってあげてくださいね。就寝前に毎日行うことが大事なのです。

 

②それでも綺麗にならないときはメガネ専用洗剤、または中性洗剤を使って洗います。

水洗いだけでは油汚れは落ちませんよね。
ここ大事です。酸性・アルカリ性の洗剤や、石鹸に含まれる研磨剤もレンズを傷める原因、まして入浴時にメガネも一緒に洗うのもNGです。
市販のメガネ専用洗剤や、食器用中性洗剤を薄めたものでやさしく洗いましょう。

  ②.5まる

③細かい隙間も洗いましょう。使い古しのハブラシなどを利用します。

鼻パッドなどの細かい部分には汚れがたまりやすいので、使い古しのハブラシなどでやさしく磨きましょう。
もちろんここも専用のものか中性洗剤で!そのまま放置すると緑色のサビがびっしりとなんてこともありますんで。
また丁番部分(写真)も忘れずに。汗が入り込んで固着すると折れてしまう場合がらりますからしっかり洗いましょう。

③モノクロ  

 ④流水できれいに洗い流します。

汚れが落ちたらしっかりすすぎましょう。
洗剤が残っているとサビの原因になってしまいます。

  ④モノクロ

⑤ティッシュで水分を拭き取ります。

せっかく綺麗に洗っても水分が残っていると
レンズにシミがついたり、丁番がサビたりしてしまいます。
細かい部分もしっかりと拭き取りましょう。
目の粗い布などで拭くとキズがついてしまうので注意!

  

⑥仕上げはメガネ拭きで。

メガネ拭きでやさしく磨きましょう。
※メガネ拭きも使い続けていると汚れてきます。
 綺麗なメガネためにも定期的に洗濯をオススメします。

 

 

これであなたのメガネも見違えるほど綺麗になったはず!
快適なメガネ生活のためにも、こまめに洗ってあげてください!

 

「でもめんどくさいし…」
「自分だと細かい部分がうまく洗えない…」
「というかメガネ外したら見えないから洗えないよ!」
という方は

ぜひ光琳眼鏡店までお越しください。
洗浄だけでなく、ネジの締め直しや歪みの調整など
プロの技でお手入れさせていただきますよ。
たかがメガネされどメガネ、定期的なメンテナンスが長持ちの秘訣ですよ!

 

 

光琳眼鏡店HPはコチラ

光琳眼鏡店ボンベルタ店のフェイスブックページはコチラ←ぜひ、「いいね!」お願いします

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オークリー:勝負する度付レ... | トップ | これからは断然 中近両用メガ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。