coupycrayon埼玉素敵

人間万事塞翁が馬☆転勤妻coupycrayon(クーピークレヨン)の転勤記
香港→天津→横浜→大連→上海→埼玉

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

噂のおむつ転売

2017-02-07 17:50:21 | 素敵な埼玉
休みにダンナと『〇ちゃん本舗』へ。ルクちゃんのベビー用品を買いに行ったのですが、そのおむつコーナーに女性が一人。携帯電話でずっと話しています。

私は別に気に留めていなかったのですが、ダンナはしばらく様子を観察した後

「あの人、中国におむつ転売してるよ。

というではありませんか!

え!本当?

「wechatでずっと商談してる。なんか商談成立っぽいよ。

ダンナ立ち聞きしてるよ 笑

これが噂のおむつの転売かー!

聞いたことあったのよね。粉ミルクやおむつの転売。中国では日本製が人気なんだってね。
去年だったか一時期粉ミルクの転売の取り締まりを強化したために、EMSに粉製品が入ってた荷物は全部郵便局に留められて、中を確認されて、大混乱だった時あったのよね。午前中に番号札もらって荷物引き取ったの午後3時みたいな…。本当に大迷惑だった

うちはクリスマス&年越しのものを実家から送ってもらったんだけど、お母さんが優しい気持ちでついでに入れてくれたお好み焼き粉が引っ掛かったらしく…。粉製品なんていっぱいあるじゃん?もっと細かく形状を見て留めろよって思ったね!怒 缶に入ってる粉製品に限るとかさあー!役人は本当にやることが雑

で、おむつの転売のほうに戻りますが、商談成立した女性がカートにおむつを2つぐらい箱買いして載せました。

「中国のおむつなんて現地のパンパースで1パック100元(1元15元として1500円)ぐらいでしょ。日本のおむつが1300円ちょっとでしょ。送料もかかるわけだし儲かるのかねえ。」

なんて思っていました。

すると、その女性が会計した後、同じように中国人の男性がカートにおむつをドサッと2箱ほど買いました

その後中国人のおばあちゃんが同じようにカートにおむつをドサッ!

おばあちゃん!かなりやらされてる感いっぱいに見える!!笑 不自然だよーーー!

でもなんだかいい味出てて、ダンナとツボにハマってました。


中国おむつ転売の記事

違法じゃないんだろうけど…ね。


そういえば確かに近所のドラックストアでメリーズがいつもないんだよね
メリーズ人気だなあ~くらいに思ってたけど、転売されてごっそり買われてたのかなー?

私メリーズ派だから、負けられないわ!!

帰国してるのにまだまだ中国の荒波を感じるcoupyでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三男坊が産まれました!!

2016-11-26 22:10:43 | ルクちゃんワールド
夏休みに本帰国しました

本帰国先は埼玉県。地元万歳!

7年前の横浜時代に中古住宅を買って一週間で転勤が決まってしまい悪(夢はこちら、住めずに人に貸していた、あのおあずけハウスにやっとやっと住むことができました

築6年で築浅物件を買ったはずなのに、帰ってきたら築13年…。なんか外壁がすすけてる…
住んでもいないのに給湯器やらガスコンロやらウォシュレットやらがもう寿命
家電を買うだけでもお金が飛ぶのに、プラス寿命が来た製品たちも総取り換え

しかも子どもも産まれるから、その準備もしなきゃで、妊娠8か月の妊婦奮闘
もう2人兄弟だと思ってたから、赤ちゃん用品ぜーんぶ捨ててたのよね。また1から買い直しだわ…。金が飛ぶ飛ぶ

引っ越しの船便が届き、ファイファイとハーちゃんを一日ガリガリ君一本という報酬でこき使う。ガリガリ君が大好きな兄弟は超うれしそう上海でガリガリ君はめったに食べられない高級アイスだったので、日本に帰ってきてもすごいご褒美だと思ってるのです。

ハーちゃんガリガリ君リッチについて熱く語る

金がないっていうのに久しぶりの日本生活に買い物が止まらず、スーパーでついついたくさん買ってしまいます。キューピーのドレッシングを全部試したくなったり、子どもたちにいろんなお菓子を買ってあげたくなったり、新商品を試してみたくなったり、知らないペットボトルジュースを買いたくなったり。

上海の物価が高かったから、日本に帰ってきてなんでも安く感じてしまって止まらない!

でも先に本帰国した友達が、ペットボトルじゃなくて水筒を持ち歩いてるのを見て、
心の中でキュッとブレーキがかかりました

いかんいかん。節約しないと!

いつまでも一時帰国中の爆買いモードでいてはいけない。

私たちは本帰国したんだから!

これから子どもも増えるし、ファイファイは来年中学生。食べ盛り&教育費アップ
マイホームに3人の子どもに専業主婦。金がかかる一方なんだから

中国のタクシー生活から一転、徒歩生活。乗り物移動が普通だった子どもたち(と妊婦)はちょっとしんどかったみたいだけど、だんだん慣れてきました。
早く日本のリズムをつかまないと!

9月の新学期にはファイファイとハーちゃんが新しい学校へ

ファイファイは相変わらず人見知り場所見知りで、ストレスが多く、ストレスから歯茎が腫れたり、湿疹が出たり、微熱が続いたりしてちょっと心配しました

ハーちゃんは初日から先生にベラベラ話しかけ、すぐに公園で遊ぶ友達を作り、デュエマ仲間を作りました。こっちは心配いらなそう

学校も慣れない環境だけど、マイホームにも慣れていないし、周りも知らない土地だからすべてがわからないことだらけ。
家族で頑張って乗り越えていかないとね。


そして10月7日に夜中の破水から入院し、昼頃無事出産。
元気な男の子がまた出てきました!!

大変な引っ越し作業からの出産だったので、今までの引っ越しの中で一番しんどかったです。
だから思わず出産直後に「やったあ!」と叫んでしまいました。

本当に無事に出産まで来られてよかった!


さてさて産まれた三男坊。

名前は広東語読みでルクちゃんです。

ルクちゃんは
「フンガ!!
といつもリキんでいます。

産まれたばっかりなのに首もちょっと座ってました。力強い赤ちゃん?

そして、なぜかおっぱいが嫌いです

ハーちゃんの時は2歳まで母乳を飲んでいて、完全に母乳の道筋は開通しているから3人目は完母にできると思って哺乳瓶とか全然用意してなかったのですが、おっぱい見るだけで超抵抗。近づけただけで泣く、全然吸わない、挙句の果てにはおっぱいを見ると狸寝入りをする、など赤ちゃんらしくない行動をとり続けています

そして哺乳瓶LOVE

しょうがないから搾乳したものを哺乳瓶に入れて飲ませるというめちゃくちゃ面倒くさい方法で飲ませていたのですが、吸ってくれないから母乳はほとんど枯れてしまいましたああ、もったいない。完母行けただろうに。

でもミルクだから腹持ちがいいみたいで、結構寝てくれて育児はしやすいです。酒も解禁しちゃうぞ

これからは久しぶりの育児と埼玉の中でもディープなところにいるのでその様子を書いていこうと思います。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

さようなら、上海!!

2016-07-19 10:53:55 | 上海の生活
上海で暮らして早5年目。

何事もなく穏やかに暮らしておりましたが、ダンナに所望され、なんとずいぶん年が離れた子どもを妊娠しまして、本帰国する事にしました

また香港で産んだのように上海のローカル病院で産む気満々だったのですが、今年は中国が第二子解禁になり、みんな挑戦しているらしく、産婦人科がいっぱいとのこと。

ローカル病院は7週目(まだ妊娠したか気づくか気付かないかの時)で分娩予約しないと予約できないとか、病院にダフ屋がいるとか、なんか大変な状況が耳に入ってきました。

特に出産予定日の10月は中国では新学期が始まるあたり。日本で言う「4月5月生まれ」のようにその学年で一番早い生まれになるため、9月とか10月はもしかしてその月に産まれるように狙って産む人が多かったのかなあ…

絶対現場は混乱してそうだし、外国人の私では、子ども命の中国人には勝てない!
(※現在は病院側も人数を増やしたりベッドを増やしたりしているそうです。)

外国人の産婦人科病院では6~8万元(90万~120万円)もかかる。高い!

ファイファイも来年中学校だし,もう、本帰国だな!

と一気に本帰国を決心しました。

今年の干支はサルですが、ファイファイも今年12歳でサル年
一回り違います~!
ハーちゃんとも8歳差。

かなり年が離れてますね

まあ、サルで始まりサルで〆るってことで


子どもたちに

「報告があります。…兄弟が増えます。3番目の子が来ます」

と言ったところすごくびっくりしたのち、ファイファイがぽつりと

食料は足りるの?」

と心配していました。笑

さすが食べざかり…。心配はそこかい!

ハーちゃんは今まで家族の中で一番下だったから、自分の下ができるのがうれしいらしく、舞い上がって「よしよし鳥」というキャラクターに変身。

パタパターっと飛んできて、お母さんのお腹をよしよしして、また飛び去って行くという謎の行動に出ています。浮かれてる?


古北路×黄金城道にある平和クリニックの婦人科で分娩はできませんが、妊婦検診は受けられるので、月に一度そこへ通っています。

エコーで先生に診てもらった時

「他にお子さんがいらっしゃるんですか?」

と聞かれ

「はい、男の子が二人です。」

と答えると、看護婦さんと大笑いされ

「すごい!すごい!

と盛り上がられました。

もう見えちゃったらしい。

はい、また3番目も男の子だったみたいです


…いや、男の子でも女の子でもいいと思っていましたよ?

でも、なんか新しい風は吹かなかったのね…という感じ。遠い目

どちらでもいいけどね、と言っていたダンナも内心娘を期待していたんでしょうね。

「う…」と言葉に詰まり、でも言うまい。みたいな反応 笑

まあ、洋服もおもちゃも絵本もそのまま使えるし、経済的ではありますね。

それにファイファイもハーちゃんも「男の子がいい!」と言っていたから良かったかもね。

さあ、ファイファイ、ハーちゃん、生まれたらいろいろ手伝ってもらうわよ!

君たちにこれを機にビシバシとイクメン英才教育してやる!


まさかこんなふうに上海生活が終わりになるとは思いもよりませんでしたが、
帰る先も住んだことのない新天地。

一学期いっぱいで上海を去ります。

また新しい生活を立ち上げて頑張ります!

お医者さんには「体重ちょっと増えすぎ~」と言われましたが、最後なのでたくさん上海のおいしいものを堪能して帰ろうっと
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

サッカーの用意は「ドレミファソラシド」!!

2016-07-05 00:38:33 | 上海で少年サッカー
サッカーに行く前は色々準備があります

私は面倒くさがりだから、早くそういう子どもの準備から解放されたい!こどもたちにこの準備を覚えてほしくて、いちいち

「ほら、レガース(ひざあて)は?」

「水持った?」

「今日は天気が悪くなりそうだから着替え持たないと!」

などと、こまごま確認していました。

子どもはいちいち言われるのがうるさそうだし、忘れた時は「お母さんのせいだ!」と責任転嫁。「自分の準備なのに何でお母さんのせいにするの?!」となるのでいつも喧嘩になっていました

でも実際水を忘れたり、着替えを忘れたり、試合なのにレガース忘れたりすると困っちゃうし、なかなか大変!

そこで以前の寝る前の「あかいおはし」で確認がうまくいったので同じように
みんなで考えて

「ドレミファソラシド」

で持ち物確認することにした!


「ド」…デュエマカード(練習後や試合の合間に遊ぶ)「ド」と「デュ」が発音似てるので☆
「レ」…レガース
「ミ」…水
「ファ」…歯磨き「ファ」と「ハ」の発音が似てるから☆
「ソラ」…空を見て、空気や天気を確認して着替えやタオルを調節
「シ」…出発時間見る

サッカーの日はこれで自分たちで持ち物を確認しながら準備するようになりました。

語呂合わせで覚えるのは、こういうときすごい役に立つ~!
これで忘れ物したら完全に自己責任!と言いきれるし、お母さんも楽だわ~!
だんだん手が離れて楽になってきます

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ビーチサッカー

2016-06-04 01:16:19 | 上海で少年サッカー
今日はSIYSLサッカー国際大会の閉会式。
SIYSL10周年という事もあり、外灘の人工ビーチでビーチサッカーをして楽しもう!というお祭り企画がありました。

SJFCの事務局の方が九州のプロビーチサッカーチーム、ドルソーレ北九州の選手を3人連れて来てくれました!しかもビーチサッカー日本代表選手。すごい!ビッグな企画だ!!

まず会場に到着した子どもたちは、砂を見て大はしゃぎ。←万国共通

友だちを埋めまくる
  ↓
だんだん国籍関係なく埋め合う
  ↓
プロ選手も埋めようと試みる
  
とだんだん大胆になっていっていました 笑

そして試合開始!

砂の上に裸足で立って、少し柔らかいビーチサッカー用のボールを蹴り出す子どもたち

でも砂の上だからなかなか走るのが難しい。早く動けないし走れない。疲れも激しい!!
パパ達も試していましたが

「5分も走れないすごい体力使う~!

とすぐヘトヘト→ビール補給

そのビール補給がもっと体をヘロヘロにしているんじゃあないかねっ

プロたちのプレーを見てみたら、彼らはあまり動かない!

足を砂に埋めて、むしろ足場を固める選手も!
それでポーンポーンと空中に弧を描くようにパスし合ってゴールまで全部パスをうまくつなぐ。

おお~!普通のサッカーとちょっと違う!

ドリブルとかより重要なのはパスだね

こんなサッカーもあるんだ~!と初めてのビーチサッカーを楽しく観戦できました。

子どもたちの試合、コーチ達の試合など、みんな和気あいあい楽しく過ごす事が出来ました!

翌日はビーチサッカークリニックを開いていただけました。

ボールを高く蹴る練習など子どもが盛り上がりました!

トラップ(来たボールを足で落としたりキャッチしたりして自分のものにするボールさばき)が上手じゃないと、うまくゲームができないね。

トラップは子どもたちの課題なので特に勉強になりました

事務局のコーチ、それからドルソーレの選手の方々と家族の方々、ありがとうございました!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加