こころがかるくなる心理カウンセラーかきかわのブログ

山口市で心療カウンセリングルームを営みながら日常のエピソードをまじえて泣いたり笑ったり感情を動かすお話を掲載しています。

やるべきことを無理なくやる方法

2017-07-17 10:07:45 | 日記
宿題や仕事など、やるべきことがあるのに気が向かず、先送りにして、あとで辛くなるのをやめたいと思われたことはありませんか?

そんな時は、気持ちの切り替えがうまく出来ない時、つい同じ行動を起こしていないか考えてみましょう。

私の場合は、特に用事がなくてもスマホを触る。撮りだめしていドラマを観る。とりあえず一眠りする。このような行動パターンがあります。

そして、やるべきことを先送りして、自己嫌悪に陥り、結局やるべきことは、ギリギリまで着手できません。

では、どうすれば、この悪循環を断ち切れるのでしょうか?

皆さん、気持ちの切り替えをどうすれば良いのか?というところだけを考えがちです。

それも一気に理想の形に持っていこうとして失敗します。

私を含めて、大勢のクライエントさんが成功された方法は次の通りです。

気持ちの切り替えがうまく出来ない時、つい同じ行動を起こすなら、その習慣行動を活用するのです。

スマホを触る習慣行動を使うならば、YouTubeやGoogleで仕事関連の資料収集を行う。固すぎる内容だと続きにくいので、娯楽の延長線上で行います。

映画や小説の中からも、プレゼンに使えるフレーズを書き留めておくなど、意識できることはあるでしょう。

ポイントは、仕事に活用できる習慣行動を身につけることを選ぶのではなく、あくまでも今の習慣行動の中から活用できることを探す方が無理がないでしょう。

どんなことでも言えることですが、大きく変えようとすると、短期的な結果は出せても、長続きしにくいのです。

特に習慣化されている行動は、それを止めることが大きなストレスになり、その後リバウンドしやすいと言えるでしょう。

リバウンドと言えばダイエットを思い浮かべてしまうのは私だけでしょうか?(笑)

例えば糖質制限で痩せられても、元の食生活に戻ればリバウンドするのと同じです。

一番好きなのが糖質の多い炭水化物なのに、それを極端にカットすれば、効果は絶大な分、目標の数字を達成した後、キープすることが難しいでしょう。

短期的な目標を達成すれば、それで良い場合は、最も効果が高い方法を選べばよいわけですが、長期的に安定した結果を得たい場合は、習慣行動を無理なく変えるか、効果が期待できる習慣行動を無理のない程度に加えるほうが良いです。

ごろごろするのが大好きな人が、いきなりハードな運動を短期的に行うよりも、ストレッチポールの上でごろごろする。ごろごろしながら出来るストレッチを習慣化するほうが長続きする可能性が高いでしょう。

同様に仕事も勉強も、漫画が大好きな人が、それをやめるより、歴史ものを漫画で読むほうがいい。YouTube大好きな人がそれをやめるより、YouTubeで仕事に役立つものを観るほうが取り組みやすいと思います。

楽しみながらやってみませんか?

かきかわ統合医療相談室
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 情報依存にご注意 | トップ | 夏のストレス解消法 »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL