な~んにもない

もう、わけわからんわ。

年の瀬へ

2016-12-28 20:14:17 | 日記

玄関を出ると雪が降っていた。

青空が広がっていたから、
きっとどこかから流されてきた雪だろう。

駅へ着く頃には止んでいた。




気温差の大きいこの冬は
従業員が風邪をひいたり、
インフルエンザにかかったりした影響で
仕事に区切りがなかなかつけられない。
そんな事を言っているうちに、年の瀬へと流されてしまう。



それならば、体調を崩さないよう向かえなければ。
周囲の声に合わせて不安や緊張に見舞われないようせねば。



やらねばならない事があるというのは、
張り合いが生まれ、手を差し伸べてくれる人もあり、
ありがたい。




拍子木の音が響く。
火の用心の声には子供の声もあった。
空に星はなく、いろんな音が共鳴していた。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 感謝 | トップ | 12月29日の朝 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事