TULIP業務日誌

工業用ミシン、型紙・パターン作成・アパレル道場をアパレル縫製工場の立場からお伝えします。スローフードな忙しさ

工業用パターンは、お金がなくても引ける

2006-05-17 22:55:23 | 12】 工業用パターン

Kpm0101 初めて工業用パターンを見た時に、すぐにパターンに溶け込む事ができました。それは衝撃的でした。いままでやってきた作業の半分、いや3分の1以下の時間で服が作れてしまうのです。

工業用パターンなら、スカート・ジャケットのスーツは1日で完成してしまう。
きちんとした工業パターンにするには、ファーストパターンを起こしてさらに別紙に写してグレーディングしたり、縫代を付けたりしなくてはならないので、パターン完成までにすごく時間がかかるけど、それをやってしまえば、後は楽楽誰でも同じ作品が出来ちゃう!(^o^)丿

でも、パターンの大事さなんて一般の人には全く理解されていないかも知れない。
先日、あるブログを読んでいたら、「服を作るのに型紙とかお金出して買うの?500円もした。タダだと思っていた」とか書いてありました。

「ばかものか?」と言いたい。アパレルのパターン引くのに何年もガッコいって何百万も授業料払って、それでもひとりでは引けないヤツもたくさんいるんですよ!今はコンピューターでCADを使って楽楽作成できるのもあるけれど、そのマシンってソフトとか大型プリンターとかデジタイザーとか合わせると何百万もするんですよ!
   (だからうちでは買えない ーー; )

だから、裁断台の前でタチッパーで黙々とものさしとにらめっこしている私です。

工業用パターンは貧乏人でも紙と鉛筆と物差しがあれば出来るの巻

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イソガシイ(^^♪ | トップ | 布の上でのグレーディング操作 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

12】 工業用パターン」カテゴリの最新記事