TULIP業務日誌

工業用ミシン、型紙・パターン作成・アパレル道場をアパレル縫製工場の立場からお伝えします。スローフードな忙しさ

布の上でのグレーディング操作

2006-05-18 23:51:27 | 12】 工業用パターン

タイトスカートは、以前は現物裁断してました。
布の端でベルト分を取り、残りを中表で2つ折りして、布に直接製図していきます。
縫代分を含んだ寸法で基本線を引いて、物差しとカーブ尺で描いていきます。
裏地は表を裁った後に裁ちます。2つ折にした裏地の上に表地をのせて、裏地のゆとり分と控え分を加減しながら直接裁ってしまいます。慣れてくるとそんなに難しい作業ではありません。けっこう今まで、お直しなく一発で仕上がっています。でも、パターンを引かないので、リピートがきても、最初からすることになります。
リピートきそうな時とか、保存しておきたい時にはパターンを引く!

今は、面倒でもパターンを起こして作業していますが、マスターパターンをひとつ作っておくと、布上のグレーディングで、サイズ違いでも応用できます。

肩幅の調整、脇の出し入れ、丈の出し入れ、袖丈等変更がある場合には、布上でパターンを操作して変化させていきます。量産となると、やっぱり1mmの狂いもないきちっとしたパターンで裁断した方がいいのですが、全てひとりで行う時には、少々のずれは加減できますので、1枚作る時にはずいぶん早く出来上がるかも????

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 工業用パターンは、お金がな... | トップ | わんちゃん登場 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

12】 工業用パターン」カテゴリの最新記事