TULIP業務日誌

工業用ミシン、型紙・パターン作成・アパレル道場をアパレル縫製工場の立場からお伝えします。スローフードな忙しさ

手提げの裏地をきれいにつける方法

2006-08-04 16:03:39 | 13】 縫製便利技・小技集

●バッグ、手提げを作るとき、裏地の綿生地をきれいにつける方法

素材にもよりますので、普通の素材の場合です。
表地と裏地を同じ型紙を使った場合、縫代で調整するとうまくいきます。

裏地は内側になるので、表の縫代を10mmとした場合、裏地の縫代を12mm程度に多くします。

裏地の縫代を片倒しにしておくと、最後に寸法が合わない時に縫代をキセをかけたみたいにつまんで調整すると、出来上がりがきれいです。

メルマガ読者さまからの質問でした。

新作執筆はメールマガジンでお知らせしますので、ご登録ください。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ロックミシンで縫代を切りそ... | トップ | 裏地を上手に控える方法 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

13】 縫製便利技・小技集」カテゴリの最新記事