TULIP業務日誌

工業用ミシン、型紙・パターン作成・アパレル道場をアパレル縫製工場の立場からお伝えします。スローフードな忙しさ

薄手の生地をストレスなく裁断する方法

2006-05-10 19:17:01 | 13】 縫製便利技・小技集

シフォンとか薄いジョーゼットとか裏地の1枚裁ちはけっこううまくいかなくてストレスの原因となります。うまく切れなくてイライラしたことはありませんか?

サンプル縫製等で、1枚だけ裁断の時には、量産と同様、マーキング紙にパターンを写して裁断します。 あっ! この事は後日述べるとしまして・・・今回は薄い生地をストレスなく裁断する方法。

薄手の芯地です。

Sin6051052_1

1枚をはさみで裁ちます。

Sin6051053_1

こんな感じですっきり裁てません。

Sin6051054

アパレル工場の裁断で使用する筋紙(すじがみ)を使用します。

Sin6051055

このように、筋紙を敷いて一緒に裁ちます。

Sin6051056

右はそのまま裁ちましたので切れてないですが、左は筋紙を敷いて裁ったのですっきり切れてます。

Sin6051057

本来、裁ち鋏で紙を切ると切れなくなると言われますが、生産の現場で、そんなことを言っていると生産性が落ちます。切れなくなったはさみは研ぎに出せばいいことですので、時間(生産性)を重視します。

うまく裁てなくてストレスを感じた人は一度試してみてはいかがですか?

ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 玄米ごはんのお弁当 | トップ | ジューシーオレンジ(天草晩... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

13】 縫製便利技・小技集」カテゴリの最新記事

トラックバック

うつとブルーグリーンエルジー (心と体の健康食品【ブルーグリーンホーリーサン】)
米国において、うつ病の原因は、 脳内物質のセロトニンの不足による事が判明し、うつ病患者に、脳内セロトニン濃度を高める「SSRI」の投与が行われています。しかし、「SSRI」という ケミカル剤によって長期間、脳内セロトニン濃度の調節を行う危険性も指摘され