中川ワニ珈琲∞アトリエ

中川ワニ珈琲による、暮らしの中のコーヒーを通じて笑いを提案するproject

ワニビーカーが出来るまで

2016年09月18日 | 日記
“とにかく、おいしい珈琲が飲みたい”の本の表紙に使った私のお手製で作ったワニビーカーを見たお客様が、同じものが欲しいとお電話くださったのが始まりでした。

「アンティークのビーカーにスタンプで押したものなので、いつか消えてしまうものです、商品では無いのです」

ご連絡くださる方々にお返事をさせて頂いてました。
1人、2人、3人と日にちを追うごとにお問い合わせがあり不思議な感覚になりました。
本を見てくださった方で、わざわざお電話下さることが私にはとてもありがたく、また、その気持ちを“行動力”に移すことが出来る人が素晴らしいと思い

「何とか作れないか?」

という気持ちが芽生えました。ご連絡くださる方が

「いつか、出来た時買います。連絡ください。」
「出来るまで待つので、焦らずゆっくり作って下さい」

などと最後にはおっしゃってくださることが、

「自分達で作れるかな?」

私の背中を最後に一押して貰った気がします。
そこから一緒にビーカーを作ってくださる職人さん探しになりました。思えば、

何もわからない私が突然現れて

「ビーカーが作りたい!ワニの柄で‼︎…」

と、あーじゃこうじゃと伝えるのだから、さぞかし驚かれたと思います。でも、それが私達の長いビーカーの道のりの始まりで、いろんなことを乗り越えて今を乗り越えて来ました。

どうしたら同じものが作れるか?

実際のビーカーを送ったり、色をどうするか出来るだけ同じものが作れるかと相談にのってもらいました。

その技術は私もプロの方も作って見なければわからない難しさともう2度と作ることのできないものとなりました。最後まで根気強くお付き合い頂きました皆様と職人さん達に深く感謝致します。

限定販売のご注文を受け付けました際のお客様全ての手元にビーカーが全て発送出来ました。

一時は皆んなが驚く自体もありましたが
それでも多くのお客様方の温かい対応とビーカーを作ってくださった職人さん達のプロとしての役割。作る人、使う人と両者の気持ちがひとつの形になれたからここまでこれたと思います。

ご予約頂いたお客様全てにお送りをしたのですが何かの手違いで届いていないお客様がおられたましたら大変お手数ですがご連絡下さい。

私はお金というものはとても大切なものと思っています。一生懸命働いて自分が生きていく為に誰もが頑張っているのです。その大切なお金を使って頂いて、珈琲を楽しむ道具といてワニビーカーを買って頂けたことを心より感謝致します。

最後に、ご購入頂いたお客様からいろんな感想やお手紙を頂いております。手拭きの職人さんへの感想や今度は1人用が出来ないか?女の人でも持ちやすい持ちごちが作れないか?

その言葉がまた…

「メラメラと作られば!」

と、今度は使う人の“使い心地”により寄り添う試作を重ね続けています。ゆっくり確実に進んでいます!
是非楽しみにお待ちください。

中川ワニ珈琲珍ビーカー物語⁉︎新たなお話が続いています。


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「AL Tokyoにて、手煎り珈琲... | トップ | 旅するワニビーカー »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。