活かして生きる ~山里の寺便り~

娑婆世界を生きる智慧/おシャカ様・禅・坐禅・法理・道のこと

悟りの道・迷いの道1

2017-11-13 00:00:00 | 道元禅師

覚者曰く、「真を求ることを用いざれ、ただすべからく

見(けん)を息(や)むべし」と。

 

しかし、みんな「真実」を求めたいのではないでしょうか。

「真実」を求めたいから「修行」しているのではないでしょうか。

 

それなのに、「真を求めるな」とは随分無鉄砲なお示しです。

 

どうしてこのようなことを言うのかというと、私たち衆生が皆

「真(しん)」だからです。

 

「真」でないもの「真実」でないものは一つもないのです。

それを私たち衆生は知(識)らないのです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 求心9 | トップ | 悟りの道・迷いの道2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

道元禅師」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL