活かして生きる ~山里の寺便り~

娑婆世界を生きる智慧/おシャカ様・禅・坐禅・法理・道のこと

坐禅の功徳

2016-11-20 06:02:51 | 坐禅

「坐禅」 をして、一体どうなるのであろうか、

という疑問をお持ちになる人もあろうかと思います。

 

少々、「坐禅の功徳」 について説明させて頂きます。

 

第一に、自分の思うもの、自分の考えているような

理想的なものに成れるということがあります。

 

即ち、時間的にも空間的にも、全部が大きく

自分のものになるという訳です。

 

人間(にんげん)は本能として限りあるものを嫌います。

「坐禅」 によって永久に「失くならないもの」がつかめる

ということです。

 

第二に、一切の不安から解放されることが出来ます。

不安が失くなりますから、恐れるものが失くなります。

 

第三に、「真実の愛」 が目醒めます。

これは何故かといいますと、相手と自分との間に

全く距離(隔て)が無いからです。

 

元々一体のもの、距離(隔て) のないものですから

離れるはずがありません。

 

第四に、能率が高まるということを挙げることが出来ます。

集中力が養われますから、仕事でも勉強でも、

無駄なく効果を上げることが出来ます。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 無事禅(三つの禅) | トップ | 坐禅は習禅には非ず1 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

坐禅」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL