活かして生きる ~山里の寺便り~

娑婆世界を生きる智慧/おシャカ様・禅・坐禅・法理・道のこと

仏の教え

2017-05-20 03:35:00 | 仏教

おシャカ様は、まず最初に

(ものは一つであるのに)悟りと迷い、生と死というような

我他彼此(がたひし)の見というものが出来てしまった、

本来はそういうものではない」

ということをはっきりと説き示されております。

 

私たち衆生は本来すでに「守るとか守らなければならない」

という、そういうことを超越した「今」にいつも生活が

出来ているということです。

 

仏(おシャカ様)の教えというものは、それをきちんと、

そういうものであるということを八万四千の法門で

事細かに示されているということです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 遺教経(ゆいきょうぎょう) | トップ | 戒の根本 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

仏教」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL