活かして生きる ~山里の寺便り~

娑婆世界を生きる智慧/おシャカ様・禅・坐禅・法理・道のこと

衆生教化(しゅじょうきょうけ)2

2016-09-18 04:29:00 | 仏教

自分自身はすでに、結果に至っているにもかかわらず、

経典等々を読み、自他の見(けん)を立てて迷い、

今の自分の様子を見て 「自分自身の法」 に気付くということは

とても不可能なことであると思い込んで、自ら究極に至る道を

捨ててしまう(断念する)というようなことが 「見聞(けんもん)」 される

ところです。

 

それではいけないということから、「仏祖の道」 を自分の道として

そういう教えに従って修行することにより

「自分とおシャカ様、あるいは歴代の覚者のお示しになるところの

“法”とは、寸分違わないものである」

ということを 「自分自身で実證」 していかなければなりません。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 衆生教化(しゅじょうきょう... | トップ | 岸の真相1 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL