活かして生きる ~山里の寺便り~

娑婆世界を生きる智慧/おシャカ様・禅・坐禅・法理・道のこと

道(法)の生活2

2017-05-16 05:34:00 | 法理

それぞれにはそれぞれの定まった働きというものがあります。

そういう一つの法則(定まったもの)が平たく言えば

「道(法)」なのです。

 

ですから、私たち衆生が「道(法)」にのっとって生活して

いけば、いわゆるおシャカ様や歴代の覚者の悟りを開かれた

ご様子そのものだということです。

 

それをおシャカ様のお言葉で言えば、あらゆるものが

「縁」に因って出来ているので「縁」のままに生きて行くことが

出来れば、それは「道(法)」にしたがった生活であり、

「自己の正体」を見極めた状態での生活であるということです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 道(法)の生活1 | トップ | 仏説とは »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL