活かして生きる ~山里の寺便り~

娑婆世界を生きる智慧/おシャカ様・禅・坐禅・法理・道のこと

「禅」の参究2

2016-11-12 04:46:00 | 坐禅

どんなに自分で知識を巡らし、あるいは坐禅をして

「空」 に成ったとしても、「今、今の事実」 を分かることは

出来ません。

 

そのくらい、「今、今の事実」 というのは何にもないということです。

 

元々あったものが欠落してなくなったのではありません。

元々なかったのです。

 

生まれながらにして有るものの中に育っている私たち衆生は、

「無い」 というと、どうしても 「有る」 ということの対照しか

考えられないのです。

 

そこで、おシャカ様が 「因縁果」 というようなものをお立てになって

「ものの無いという様子」 を説明されたということです。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「禅」の参究1 | トップ | 「禅」の参究3 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

坐禅」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL