言の葉ノート 

心ときめくこと
徒然なるままに


広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「お水取り」は穴場で

2017-03-07 | 奈良の風景


いよいよ東大寺二月堂の修二会の行が始まりました。
大和の春も、もう直ぐそこです。

修二会は、752年に創始され今日に至るまでの1260有余年、一度も欠けることなく連綿と受け継がれてきた「不退の行法」です。
修二会というより「お水取り」という方が私たちはしっくりきますね。
行中の3月12日深夜(13日の午前1時半頃)、若狭井という井戸から観音さまにお供えする「お香水(おこうずい)」が汲み上げられます。これが「お水取り」の行なのですが、いつの間にか、修二会自体を「お水取り」と呼ぶようになりました。

「お水取り」と言えば、何といっても火の粉を撒き散らすお松明ですが、実はあのお松明は練行衆の道明かりで、修二会の期間中、10本のお松明に夜ごと火が点けられ、火の粉を撒き散らしながら、二月堂の回廊を駆け巡ります。

10本のお松明に加え、大きな籠松明が上堂する12日夜、全てのお松明が一同に欄干に並ぶ14日夜のクライマックスを前に、6日夜、友人らと修二会に行って来ました。

クライマックスには、全国・全世界から押し寄せる何万人もの人で、とても寄り付けないほどの混雑なのですが、それまでの夜は比較的人も少なく、特に月曜日〜金曜日の夜は穴場です。

夕方5時ごろぐらいまでに行けば、二月堂に上がることができ、直ぐ目の前でお松明の行を見ることができます。
二月堂に上がらなくても、直ぐ下の芝生の特別席を陣取ることができます。

明日から3日間の夜はまだまだチャンスです!


夕方5時、いざ二月堂へ。
それにしても二月堂裏参道は、信じられないくらいの静けさです。



二月堂の階段。
お松明が出番を待っています。



欄干や廊下など、二月堂の回廊に丁寧に水が散布されます。
防火対策も万全です。



奈良の街が闇に沈み始めました。
左側の天に伸びるシルエットが、二月堂の良弁杉です。



インクブルーの空に二月堂の灯や、ろうそくの火が幻想的に浮かび上がります。
さて、まもなくお松明が上がって来ます。





二月堂周辺は、いつの間にか人で埋め尽くされています。
会場には英語、中国語、韓国語…各国の言語でアナウンスが流れています。
まもなく、会場の全てのライトが消されます。



7時。お松明が上がって来ました。
火の勢いが想像以上です!



練行衆が欄干にお松明を転がしながら回廊を走ります。







練行衆も回廊も火の粉まみれです。
そこへ、竹箒を持ったおじさんが現れて、欄干に飛び散った火の粉を素早くはき落とします。



回廊を駆けるお松明は全部で10本。
クライマックスの日のお松明に負けじと劣らずの圧巻です。
ぜひ、この幻想的かつ荘厳な行を、穴場で体験してください。










ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 浄玻璃の鏡(じょうはりのかが... | トップ |   
最近の画像もっと見る

奈良の風景」カテゴリの最新記事