ぐ~たらEVERYDAY

役者・星野千寿子の日記♪
ネコの事・舞台の事・仕事の事・散歩の事
平凡な日常を愉快に楽しく!
目標・毎日更新!

被災動物を救おう!

【 犬猫救済の輪 】
http://banbihouse.blog69.fc2.com/


【 福島被災ペット救援保護 にゃんだーガード 】
http://nyanderguard.org/

《支援物資のご協力をお願いします》
にゃんだーガードへの支援物資が
アマゾンにリストアップされています

http://www.amazon.co.jp/wishlist/2YBMHAJBY265N/

fufuありがとうLive

2017-02-20 17:58:48 | ライブ・観劇
貴楽屋の歌唱指導でお世話になっている日野原希美さん&藤本ゲンさんご夫婦のライブに貴楽屋座長・貴子さんと一緒に行ってきました。
会場はアットホームなカフェの2F。
ランチやケーキをいただきながらのライブでした。



「感謝新春シャンソンショー」と大変言いづらいタイトル通り、ドラマティックなシャンソンから始まり、優しさに満ちたオリジナルソング、合間にはお二人にまつわる超難問ばかりのカルトクイズなどもあって終始和やか!(*^-^*)

中でも、お客さんからお題を貰って、その場で即興で歌を作ってしまうコーナーは驚きでした!
ゲンさんのピアノも希美さんの歌も2人の間で何の打ち合わせもなく、いきなりアドリブで弾いてそれに合わせてお題に沿った物語を歌にして、見事に作品にしちゃうんですよ!?Σ(゜д゜;)
歌の上手な人、楽器を自在に操れる人、心底羨ましい!O(≧∇≦)O



お二人の人柄が溢れた、あたたかくも笑いの絶えないライブ、本当に楽しませていただきました!(*´ω`*)






1日1回、ポチッとクリック!
ご協力お願いします!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

猫和菓子

2017-02-19 18:59:26 | 美味しいモノ
もうすぐ猫の日。
あちこちで猫イベントが開催されてますよね〜(*´ω`*)

お出掛けついでに日暮里駅へ寄り道。
「谷根千ネコ散歩のすすめ」イベントの一環として、エキュート日暮里の各店で猫スイーツが販売されているのです。
猫に釣られて…なのか、店内大賑わい!
で、私は「深川伊勢屋」のにゃんこどら焼き&猫上用饅頭と「羽二重団子」の猫もなかの和菓子シリーズを購入。



いや〜ん、可愛すぎて食べるの勿体ない!
でも賞味期限迫ってるから、さっそく食べたよ。


んまーーーーーーーい!(≧∇≦)b


あぁ、猫の形してるだけなのに…
猫の柄が入っているだけなのに…
とてつもない特別感!(*^-^*)




1日1回、ポチッとクリック!
ご協力お願いします!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

海斗際

2017-02-18 20:38:27 | 大衆演劇
今日は『逢春座・浅井劇団』の『海斗際』の日。
スケジュール的に厳しかったので諦めてたんだけど、ダメ元で声をかけた熟女ドサツアーメンバーの沼尻くんが「土曜日なら行ける」というので「だったら、せっかくだから『海斗際』の日に行こう!」と、ちょっと無理して昼の回に行ってきました。
きっと混むだろうと早めの到着!



さすがの大入りです!
おめでとう!╲(≧∇≦)/

第一部・お芝居『岡田無双』
幕末勤王の志士、岡田以蔵とその仲間達の物語。
みんな、土佐弁に苦労してたみたい…(;^_^A
難しい言葉も多いしね。
主演の海斗くん、ここでも私の心を鷲掴みですよ!(///∇///)
何て上手いんだろう!
誰よりも大きく見える!
私、ずっと息止まっちゃってたと思う。
特に、寅の敵を討とうと飛び出し、半平太に止められどうにもならない立場の辛さを見せる場面は心震えたよ…!(T∇T)
18歳で、キャリア4年程度で、座長襲名から1年ちょっとで、こんなにドーン!とした演技が出来ちゃうなんて、もう参りました!



口上挨拶は、吉田東洋役の正二郎座長。
悪役(この作品のね)もハマるなぁ!(*´ω`*)

私達の前に座っていたオバサマがこの劇団を観るのは初めてだそうで、私がいろいろ教えてるうちに(ついこの前まで教えられる方だったのに)すっかり打ち解けてしまい、休憩時間はず〜っとお喋り。
話していると、たつみさんのファンでファンクラブにまで入っていると知って、ますます意気投合しちゃいました!(*^-^*)

第二部・舞踊ショー。
今日は『海斗際』ですからね、海斗くんの写真がメインになりますけどね。



今回も女性陣は、お芝居でも大活躍!



特に陽子さん&ひかりさんの、女を捨てた(いろんな意味で)勇ましい演技は見ていて気持ちよかったです!



龍也くん、次郎さんも出番が多くて嬉しかった!



大空海くんも17歳という若さで、芝居もしっかりしてるし、可愛らしい部分もあって、胸きゅんポイント高いよ!(*´ω`*)



春道さんが女形で踊る時に後ろの垂れ幕が稲妻だと、すっごく強そう(笑)



若座長・雷三くん、今回はどこまでも二枚目でした!
このクールな表情からは想像も出来ない程、三枚目の時とのギャップが凄まじいんだよね〜(*≧m≦*)



正二郎座長、この舞踊の美しさよ!



そして、常にユーモアを忘れない。
その場その場で笑いを拾ってアドリブで観客を楽しませる技は、やっぱり経験の賜物だよなぁ。



そして、今日の主役・浅井海斗座長!



町人風の姿が似合うんだよなぁ。



で、女形姿は「マ・ダ・ム」って感じ(笑)



この「雪の渡り鳥」の海斗くんは痺れた!
着物も素敵だったし!
そう、大衆演劇は衣装にも注目よね!(*^-^*)



今日は、いろんなタイプの海斗くんが見られて大興奮!



客席のおばあちゃん達も大喜びで、花道まで来れば身を乗り出して手を振り、ハンチョウでは「よいしょ!」と掛け声かけちゃうお茶目っぷり。
すっごく楽しそうだった〜(≧∇≦)



この時の海斗くん、お客様からいただいた着物をさっそく纏って登場したんだけど、その披露の仕方がニクいの何の!
客席が「おぉ〜」ってどよめいたもんね。



ラストショーは『夜叉ケ池』
ラストと送り出しは写真掲載NGなんですが、衣装も華やかで、海斗くんもヘトヘトになりながらも最後までガッツリ魅せてくれました。



終演後は、前の席のオバサマと「またどこかでお会いしたいですね。それこそたつみさんとこで♪」とお別れを。
こういう交流も大衆演劇ならではです♪
送り出しでは海斗くんの写真だけ撮らせてもらいました。
あ〜も〜大満足!
観に行けてよかった〜ん!
むしろこの土曜日を選んでくれて、沼尻ありがとう!(*´∇`*)





1日1回、ポチッとクリック!
ご協力お願いします!
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

あったかいんだから〜♪

2017-02-17 23:01:43 | 癒し・美容・オシャレ
また疲れが溜まってきておる。
この貴重なオフは大衆演劇を観に出掛けたいと思っても、ちょっとどこかで休息を取らないと身体が持ちそうにない!(≧д≦)

…って事で、温泉です!
地元の温泉です!
結局、家でウダウダやってたら陽が暮れてしまいましたが、深夜2時まで営業してるから夜からでもたっぷり過ごせます。



いつも決まったお風呂にしか入らない。
何だろね、いっぱい浴槽あるんだけど、特にお気に入りの3つにしか入らなくても充分!(*´ω`*)

岩盤浴して、休憩所で仮眠してたら「岩盤浴の営業終了で〜す!」と容赦なく片付けられていくベッド。
ひぃや〜どんだけ寝たのさ、私!?Σ(゜д゜;)

急いでラストのひとっ風呂に浸かって、ホントにギリギリ深夜2時までマッサージチェアで身体解して帰宅。

よ〜し!
また、しばらくは頑張れるぞ!p(≧∇≦)q




1日1回、ポチッとクリック!
ご協力お願いします!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春はもうそこ

2017-02-16 15:54:22 | 自然・動物・風景
いつもと逆から歩いて帰る。



お?
カモが見事なフォーメーションを保ったまま泳いでおります。
これはファミリーでしょうか?

あまりの統率の良さに、横側からも見てみようと、橋の上から川沿いに移動したら…



完全に光に溶け込んじゃってました…!Σ(O∇O|||)

菜の花も少しずつ花開き…



猫も春が待ち遠しそう!(*^-^*)





1日1回、ポチッとクリック!
ご協力お願いします!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

バレンタイン観劇

2017-02-15 21:55:31 | 大衆演劇
昨日のバレンタインデーは、再び立川・けやき座にて『逢春座・浅井劇団』を観劇!
早めに行ったら、劇団の常連ファンっぽい方が結構来てましたね〜(*^-^*)
開演前に座員さん達が劇場前で呼び込みしたり、客席に挨拶しに来てくれたりするんですよ♪

今回のお芝居は『太助を夢見る男』
このタイトルはよく目にしてる。
友人が「あれ、コレ見た事あるかも」って言うから「私はない!」ってキッパリ答えたんだけど、終演後、劇場通い詰めのM♪さんから「この芝居は、本物のご飯を実際に舞台上で食べるのが見せ場なんだけどね(今回はエアーご飯)」って聞いた時と、太助が人相書きを持って家に駆け込んでくるシーンで、私の細く千切れかけた乏しい脳内シナプスがわずかに繋がったように記憶の片鱗が…
でも、ホントに以前観たかどうかハッキリは思い出せない。
大衆演劇のお芝居って似たの多いし…
でも逆を言えば、一度観た芝居でも毎回新鮮に楽しめるって事でもあるわよね(←大丈夫か!?)



M♪さんが「軽めの楽しいお芝居」なんて言うから前半の笑い満載のまま、のほほ〜んと観てたのに、ラストが…泣けるじゃないか!(T□T)
見応えあるいいお芝居でした。



舞踊ショーは、冒頭の顔見せショーと本ショーの二部構成。



↑浅井龍也くん。
今回ソロ1曲だったのが残念!(≧ω≦)



↑酒井次郎さん。
今週は、昼の部は浅井正二郎座長が主役、夜の部はそのまま夜まで残って観劇されるお客さんからの指名で主役を決めるというシステムだそうで、先日はお客さんからの要望で次郎さんが主演になったそうなんです!



そんなレア回、観てみたかった〜



↑浅井大空海くん。
で、そのシステムで今回はM♪さんのリクエストで大空海くんが夜の部は主役に抜擢!
しかも劇団の中で一番若い(17歳)彼が、むささびの源治を演じるなんてそう観られるもんじゃない!
くは〜私も夜の部まで残りたかった…!O(≧□≦)O



でもさ、その日の昼の部終わって、キャストチェンジって…それも普段演り慣れてない役をすぐにこなすって、もう大衆演劇役者の凄さは計り知れないわ!

今回は、女優陣の活躍も楽しめました!(*^-^*)b



↑浅井ひかりさん。
お芝居では、姐さん的な粋で悪い女っぷりから一転、後半では後悔と懺悔と「女」の儚い幸せを巧みに魅せてくれました。
あのハスキーボイスは地声なのかな?(笑)



↑浅井みのりさん。
この体格故でしょうか(笑)
常に体当たりな弄られ役に徹して笑いで盛り上げてくれました。



↑酒井えりなさん。
ホントに可憐なヒロイン風の娘役がお似合いで、そして上手い!
帰りに「とっても素敵でした」と声をかけたら、メッチャ恐縮してて。
んも〜M♪さんが「(私を指して)女優さんなんですよ」なんて紹介するから「いえいえ、もうこんな底辺にいるような役者で、足元にも及びません〜」と必死に訴えて、2人して「いえいえ、そんな」と恐縮対決みたいになっちゃいましたよ…(;^_^A



↑加茂川竜子さん。
ひかりさん、みのりさん、海斗座長、大空海くんのお母様。
前回もだったけど、化粧が薄いのは裏方で大忙しのためでしょうか。



↑浅井陽子さん。
舞踊2曲とも素晴らしかった〜
女の、母の心情に惹き込まれた〜(T∇T)



この男の子は、まひろくん。
若殿の毒味役として命を落とす役を小さいながらもしっかり演じてましたよ。

で、今回の舞踊ショーの合間に何度も何度も袖幕からヒョッコリと姿を現す謎の女(幼児)
いくら袖中に連れて行かれても、すぐにまた現れる(笑)



特に、鶴ヶ城を前に自刃していく白虎隊士悲劇のシーンでのまさかの登場には、春道さんもみのりさんも苦笑いで為す術なし!(;^_^A
きっと大物になるわ〜
この劇団、チビッコがたくさんいるそうなんです。
だから、将来的には大所帯になりそう!(*´ω`*)



コントもあったよ!(≧∇≦)



↑淺井春道さん。
いや〜今回はこの方に脱帽ですわよ!
さすが元座長なだけあります!



お芝居では、赤鼻の親分役をコミカルに演じ、舞踊でも隙あらばチョコチョコ笑いを入れて、客席を大いに盛り上げてくれました。
帰りにソレを伝えた時に改めて見た身体のムチムチさといったら…!(*≧m≦*)



↑浅井雷三若座長。
お芝居の茶屋のおっさんが彼だとは中盤までわからなかったよ〜Σ(゜д゜;)
こんな美形があんなメイクで出て来られちゃ…
逆か!
あのスッピンがこんな目元涼やかな美形に変身出来る(←失礼だな!)その変貌ぶりはお見事!



メイクだけじゃなく、芝居はホントふざけたおっさんだったもん!
この役の幅の広さ、さすがですわ!



↑浅井海斗座長。
太助役の田舎丸出しの貧乏百姓姿から、十手持ちに出世してからの二枚目な色男、そしてラストの切ない捕り物シーン、やっぱり上手い!O(≧∇≦)O



若いのに(18歳)その若さを良い意味で感じさせない演技力には心から拍手を送ります!



↑浅井正二郎座長。
ちょっとぶっ飛んだ武士姿がまた似合っちゃうし、浪人姿の少し疲れた感じがまた色っぽいし!



そして、この「花」の舞踊には心奪われたわ〜(///∇///)
人生いろいろあったぜよ的な、それでいてチョイ悪おじさん的なこの色気は、さすがの海斗くんでもまだ出せまい!



いやもう!
この劇団、女優陣も含めてみんな上手い!
若い座員ばかりなのに、それって凄いよ!
お客さんも身体揺らしてノリノリでした!
バレンタインのチョコなんて、いっぱい貰うだろうにって思ったけど、せっかくだから私も差し入れてきました。
カードも名前も添えないで…
ホント、私ってば覚えてもらう気ゼロだなぁ…
でもね、海斗くんに手渡せたっていうささやかな喜びに1人勝手に浸ってます…(///∇///)



今回の関東公演が終わると、今の形での「逢春座・浅井劇団」はもう観られなくなるかもしれないんですって!Σ(OωO|||)
さぁ、次はいつ行けるか!?
身体が2つ欲しい!
スケジュール調整に必死なくらい、もっともっと観たいと思える劇団です!(*^-^*)





1日1回、ポチッとクリック!
ご協力お願いします!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

逆義理チョコ

2017-02-14 19:08:24 | 美味しいモノ


バレンタインチョコ貰っちゃった!(*^-^*)
フィリピン出身の若者に。
何でもフィリピンでは、バレンタインは男性から女性に贈るんだってよ?
「え〜じゃあフィリピンだとお返しはいつなの?」って聞いたら「いい!いらない!あげる事が好きなだけで、もらうのダメ!」って頑なに拒否られちゃった!
でも、私は知っている…
彼はチョコレートが大好きだって事を…(特に日本の)

でもフィリピンのバレンタイン、いいなぁ…(*´ω`*)





1日1回、ポチッとクリック!
ご協力お願いします!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サンリオ×ドラえもん

2017-02-13 18:43:49 | 日記
新宿髙島屋での買い物帰りに偶然見つけたドラえもんグッズ売り場。



「なんか普通のドラグッズと雰囲気違うなぁ」と思ったら、サンリオデザインのドラえもんなんですって!
やだ〜ファンシーでメッチャ可愛いんですけど〜O(≧∇≦)O
ついつい立ち寄ってしまって、ついついカンカン目当てに買ってしまった…!(;^_^A



他にもTシャツやエコバッグにも惹かれたんだけど、我慢我慢!
サンリオデザイン、センス良すぎ!
売り場も大人気でした!



1人だったので、フォトスポットはドラ単独で!(*^-^*)





1日1回、ポチッとクリック!
ご協力お願いします!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フィンガーチョコの包み紙

2017-02-12 17:44:38 | さち&コジ
フィンガーチョコレートの包み紙を
クシャクシャッと丸めてボール状にしたら



たちまち小次郎の目がギンギン!



ロックオンからの〜



アタック!



アタック!



アターーーーーック!!!



小次郎はオモチャが
安上がりでいいなぁ!
(*´∇`*)




1日1回、ポチッとクリック!
ご協力お願いします!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

たまひよ

2017-02-11 15:53:23 | イベント・スポット
新宿駅のメトロプロムナードに「たまひよ」がいっぱ〜い♪



「たまごクラブ」「ひよこクラブ」の23周年記念キャンペーンとかで、小さい子供を連れた親御さんたちがズラ〜ッと並んでて、マスコットとジャンケンしてた。
私ったら「たまひよ」とは全く縁がないくせに、こういうキャラ物見るとダメなんだよね〜(*´ω`*)



でも、この「たまひよ」
私が好きな「アランジアロンゾ」がデザインを手がけたキャラクターだったんだ〜
どおりで可愛くてたまらないわけだ!(≧∇≦)





1日1回、ポチッとクリック!
ご協力お願いします!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初めての立川『けやき座』

2017-02-10 23:46:11 | 大衆演劇
今日は大衆演劇DAY!(*^-^*)
今回は、初めての劇場、立川『けやき座』にて観劇。
まだ新しい劇場で前々から行きたかったんだけど、なかなか機会がなくて…
2月は『逢春座・浅井劇団』が公演中。
以前、大好きな『たつみ演劇BOX』に逢春座の座長さんを始め何人かの座員さんが客演した時に観て以来。
大衆演劇ファン仲間のM♪さんから薦められて、やっとこ時間が取れました。

立川はそんなに馴染みがないのでね、腹拵え用にとデパ地下でおにぎりと唐揚げを買ってたら、やたら時間がかかってしまって、開演直前の到着!(|||□|||)



けやき座は、こじんまりしているけど、椅子がゆったり座れて、荷物をかけるフックやドリンクホルダーなんかも付いてて、いろいろ行き届いてます。
トイレも個室が多くて、女性にとっては有り難い!
客席は段差があっても微妙にフラットなので、後ろの席はちょっと見にくいかもな〜
同じ回を観に来ていたM♪さんに「もっと前に座って!」って促されたんだけど、役者さんが近過ぎるとドキドキしちゃうし、舞台を俯瞰で観るのが好きなのです。

今日の演目は『馬鹿の公吉』
「あ〜もう絶対に喜劇だ〜」なんて思ってたら、とんでもない展開だった!
というかコレ、たつみさんとこで観たことあったかも?
茶柱の件やお堂の前に立つ源三(?)の姿で記憶が甦って来た。
もうホント私ったら、病的に物忘れが酷い…!(|||∇|||)
ラストはポロポロ泣いてしまった!
でも、誰もが不幸になっちゃう話は辛いわ〜
大衆演劇の芝居って、喜劇はとことんバカバカしく、悲劇はとことん救いがないんだもの…(TωT)



口上挨拶は、若座長・浅井雷三くん。

で、ミニショーとお芝居を観終わった時点で、座員さん情報を全く知らない私には、誰がどの役を演じていたのか、さっぱり!(;^_^A
で、M♪さんに説明してもらったのですが…
悪役で、年齢的にも演技的にもベテラン級に見えた座員さんがいたんだけど、それが特に誰だかわからなくて。
芝居後「ベテランさんっぽい座員がもう1人いたね。演技上手いね」なんて話してたら、何とそれが座長・浅井海斗くんだったとは!Σ(O□O|||)
ひえーーーーーーーっ!
若干18歳であんな声出せる!?
あんな台詞回し出来る!?
あんな芝居出来る!?
え〜ちょっと巻き戻して、もう一回今の芝居見直したかった〜
もう大きくのけぞって脳天から床に突き刺さるほどの衝撃でしたよ!
「浅井海斗…恐ろしい子!」(月影先生風にお願いします)
この瞬間から、私の中で海斗くん株が急上昇!(*´∇`*)

舞踊ショーは、冒頭で1人短めに1曲ずつ、役者名と芝居で演じた役をアナウンスしながら踊ってくれて、私みたいな新参者にとっては有り難かった!



↑浅井龍也くん。
見事な刀捌きでアクロバティックに魅せてくれました。



今回だけでは女優陣の顔と名前が覚え切れなかったのですが、娘役だった酒井えりなちゃんの声がとっても可愛かったし、皆さん妖艶さやしっとりさ、身体も張ってて(笑)頼れる女優陣パワーを感じました。



↑淺井春道さん。
元は逢春座座長さんだったとか。



お芝居では、意地の悪いねえやん役で、貫禄たっぷりの女形姿でしたよ。



↑酒井次郎さん。
この方もかつては劇団座長さんをやってらしたそうで。
ハンチョウにコミカルにリアクションする様子が可笑しかった。
お芝居でチョイ役だったのが勿体な〜い!



↑まだ17歳の浅井大空海(たくみ)くん。
お芝居では、主役(?)の公吉を健気に一途に演じて、客席をグシュグシュ泣かせていました。



まだちょっとあどけなさも残る可愛らしさが魅力的!(*´ω`*)



↑若座長・浅井雷三くん。



女形が小泉ダイヤさんに似ててドッキドキ!
涼しげな目がたまりませんわよ!
ホント綺麗!(///∇///)



↑座長・浅井海斗くん。
ちょ…ねぇ実は18歳とか嘘でしょ?
さらに驚いたのが、この世界でのキャリアが4年程度とか?
信じられない!Σ(゜д゜;)



大衆演劇の役者の凄さは重々わかっていても、4年で!18歳で!(←しつこい)これほどまでの熟れた雰囲気出せますか!?
「凄い」としか言えないわ〜



あと5年10年経ったら、とんでもない座長に成長してそうな気がする。



↑海斗くん&雷三くん。
この舞踊の2人の美しさは息を飲むほどでした!(///∇///)



↑そして、劇団を率いる浅井正二郎座長!



渋い!そしてカッコイイ!O(≧∇≦)O
浅井劇団の座長だった弟さんが昨年急逝されて、その浅井劇団と、正二郎座長の逢春座が合同公演という形でここ数ヶ月は関東を廻っているそうで。
だから、その事情を知らないと、海斗座長が18歳なのに、2つ年上の雷三くんが若座長ってどういうこと?って、ちょっとこんがらがっちゃう (;^_^A



正二郎さんや次郎さんのようなベテランの他は、10代後半から20代の若い座員ばかり。
それでも、この劇団に座長経験者が5人もいて、座員達もそれぞれがそれぞれでしっかり魅せられるって凄い劇団だと思いません?



でもね、客席が少し寂しいんですよ…
こんなにクオリティーの高い公演なのに、お客さんが…
やっぱり知名度なんでしょうか。
けやき座自体がまだ大衆演劇ファンに馴染まれてないのも大きいかな。
私だって今回初めてだったし。
立川は私としては近いんだけど、東京の西側だし、アクセス的に通いにくいのかな。



あ〜ん!
橘劇団と同じように、もっと早くこの劇団観ておきたかったとひたすら後悔!(≧ω≦)
3月以降は、関東を離れてしまうようで。
若い子ばかりなのに、拙さや未熟さを全く感じさせない劇団のレベルの高さをもっともっと多くの方に知って楽しんでもらいたいなぁ!
けやき座もね、私的にはどの劇場より快適でしたよ!(*^-^*)

送り出しは、座員さんがズラッと並んだ通路を通って退館するので、ちょっと得した気分♪
今回、正二郎座長から舞台写真の掲載許可をいただきました。
ラストショーと送り出しは写真掲載禁止なんですが、ちゃっかり正二郎座長とのツーショットは撮らせていただきました。
は〜私の1歳年上か〜カッコイイわ〜(*´∇`*)
海斗座長には素直に「素晴らしかった!18歳とは思えない!」って伝えてきた。

でもよかった、まだ2月前半に観に行っといて。
残り半月のうちに、きっとまた観に行けるチャンスが作れるはずだもの!
『逢春座・浅井劇団』観ておかなきゃホント勿体ないですよ!(≧∇≦)b




1日1回、ポチッとクリック!
ご協力お願いします!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

タンチョウの魅力

2017-02-09 17:14:52 | 写真展
久しぶりに猫以外の動物写真展へ。



リコーイメージングスクエア新宿
永田好一写真展
『タンチョウ〜極寒ー25℃に生きる〜』

40点に及ぶ北海道のタンチョウの姿を捉えた写真。
一面白銀の世界で舞う仲睦まじいつがい、大きな羽を広げて青空を渡る優雅な姿、朝日を浴びてほんのりピンクに染まる優しい佇まい、川が凍るほどの寒さを生き抜く強さ、霧の中に浮かび上がるしなやかなシルエット…
なんという美しさ。
この極限の大自然の、自分を含めた幻想的な光景に、こんなにも人が心惹かれているだなんて、本人(タンチョウ)達は全く知る由もないわけで…

指の感覚がなくなるほどの寒さの中で粘り強く撮影したカメラマンさんのこだわりを思うと、1枚1枚じっくり時間をかけて観たいと思える写真ばかりでした!(*´ω`*)

2月13日までやってますので、ぜひ!(*^-^*)




1日1回、ポチッとクリック!
ご協力お願いします!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

六本木ヒルズ展望台

2017-02-08 17:15:18 | イベント・スポット
ダイヤモンド富士は残念でしたが、それなりに日暮れの眺望を楽しんだ後は、やっぱり夜景ですね。



六本木ヒルズの展望台って、1,800円するんですよね〜
都庁とかキャロットタワーとか文京シビックセンターとか無料の展望台がある中で「高いよな〜」と思うんだけど、360度見渡せて、全面ガラスで、窓際にムーディーなソファやオシャレ椅子が置いてあったりするから、まぁそれだけの価値はあるんだろう…うん。



ただ全面ガラスということは、足元まで下が見下ろせるというわけで、高所恐怖症の私は椅子に腰掛けても血の気が引いて、ちっとも落ち着きませんでした…(((゜д゜;)))



完全に陽が暮れてから、富士山のてっぺんに雲との隙間が現れて…
あ〜ん、今だったらダイヤモンド富士がきっと見られたはず〜(T□T)



この展望台の一番人気は、やっぱり東京タワーの見えるエリア。
タワーの全景がここまで大きく見られるとこもそうないもんね。
でも、せっかくカップルがソファに座って夜景を眺めてても、その周りは写真撮影目的の人でギュウギュウ詰めだから、ムードも何もありゃしない (;^_^A



タワーの上空には月も♪



早めに展望台を降りて、六本木ヒルズをウロウロ。
どうしてこの建物はこんなにわかりにくい造りなのでしょう?
凍えるほどの寒さの中で、迷子のように歩かせるのは酷というものよ?(≧ω≦)




1日1回、ポチッとクリック!
ご協力お願いします!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ダイヤモンド富士

2017-02-07 22:52:42 | イベント・スポット
10〜3月は、毎日都内のどこかしらでダイヤモンド富士が見られる季節だそうですね。
調べてみたら、2月7日、私がオフの日に六本木ヒルズから見られるらしい!
お天気も良好!
朝は地元からも富士山がハッキリ見えた!
よし、行ってみよう!O(≧∇≦)O
で、ダイヤモンド富士の時間が17時なので、16時頃に六本木ヒルズへ。
チケット売り場が凄い行列!Σ(OωO|||)
「うわ〜やっぱりダイヤモンド富士目当ての人が集中したか〜」と思ったら、その行列は『マリー・アントワネット展』目当てのお客さんでした。
どうりで女性ばっかりだと思った…!(;^_^A
展望台へはアッという間に上れて、展望フロアはガラガラでした。
吹き飛ばされそうなほどの強風だったから、屋外展望台のスカイデッキは閉鎖。
さっそく西側のフロアに行ったら、明らかにダイヤモンド富士狙いと思われる凄いカメラ持参の玄人達がすでに準備してました。
NHKの取材班も訪れてたよ。



私もデジカメ「ホワイティ」を手に陽が暮れて行くのを1時間弱、窓際で待機(↑真ん中が私)

ところがですね〜
日没が近づくに連れて、西の空にだけ雲が広がり始めて…Σ(|||◇|||)



しかも、ちょうど!
ちょうど富士山の頂上に雲がかかってしまって…
あぁ強風よ、あの雲を蹴散らせてくれ〜い!╲(≧□≦)╱
太陽が少しずつ富士山の頂上に降りて行く。
それと同時に雲に隠されて行く。

だんだん富士のシルエットがハッキリしてきているのに、太陽はずっと雲の向こう側。

結局、ダイヤモンド富士は見られませんでした…(TωT)
この手の写真を多く手がけているっぽい男性は「あ〜ダメだ!もう今日は終わり!また別日だ!」と、潔く諦めて早々に退場。
でもね、この後の富士山がとても良かったんですよ!



山の向こう側に完全に落ちてしまった太陽がまるで後光のように富士山のバックから光を放って、山の神々しさを際立たせてくれました!(≧∇≦)b



帰っちゃったおじさん、もうちょっと残ってれば、これはこれでいい写真撮れただろうになぁ!(;^_^A



空の撮影はいい条件に恵まれない事が多いけど、ダイヤモンド富士はしばらくあちこちで見られるので、またチャンスを待ってみるかな。

さ、すっかり陽が暮れてからは、せっかくだから夜景を楽しんでみます!(*´ω`*)





1日1回、ポチッとクリック!
ご協力お願いします!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ちず旅行【大平台のホテル編】

2017-02-06 16:57:25 | ちず旅行
小田原の曽我梅林に向かってる途中、友人の提案で「小田原か箱根辺りに一泊しちゃわない?」って事になりまして。
え〜いきなり過ぎないかい!?Σ(OωO|||)
で、スマホで当日取れる宿を探して、結果、予約が取れたので箱根に一泊して帰る事に。
富士山があまりに見事な日だったから、また欲を出して大涌谷から富士を眺めようなんて言ってたんだけど、ロープウェイ運行時間に間に合うかどうかの微妙さ。
だったら、富士山の夕景を観に芦ノ湖まで…とも思ったけど、宿までの移動が大変になるので「梅林の富士が見られただけで充分じゃないか!」と、真っ直ぐ宿に向かう事に。

いや〜まさか、ちず散歩がちず旅行になるなんて夢にも思いませんでしたよ〜(;^_^A



登山鉄道「大平台」駅に下車すると、ホームの端に一見不気味なワンコが…(((゜д゜;)))



え、ちょっと可愛くないんですけど…
一瞬ドクロに見えちゃったんですけど…
せ、せめてモノクロはやめようよ〜(≧ω≦)
そしたら、宿に向かう途中にあるお宅から顔を覗かせていたワンちゃんがこの犬ソックリだったんです(あ、本物のワンコはメッチャ可愛かったですよ)
あまりに似てたので「あのだいちゃんのモデルだったりしてね」なんて笑って、何気に「だいちゃん!」って呼びかけたら、近寄って来たんですよ。
うそ?ホントにモデルだったのかも!?(*≧m≦*)

さて、今回泊まれることになったホテル、いくら調べてもネットでの掲載情報がとっても少ないんですよ。
しかも主に英語や中国語で表記されてて…
で、大平台を降りて、この辺りの宿の案内版にも一切名前が載ってなくて!
な、なんで?Σ(゜д゜;)
「地元の人に聞いたらさぁ『あそこはもう廃業したはずだけど』とか言われたりね…」
「着いてみたら、廃墟だったらどうする…?」
半分冗談、半分もしかしたら…なんて不安になりながら、Googleマップを頼りに山をえっちら登って行きます。

宿、ありました。
サイトに載ってる外観の印象とだいぶ違ってたけど、ちゃんと営業してました(笑)

フロントで手続きして、アイタタタ!
従業員、日本語がうまく話せてません…(|||∇|||)
話は通じますけどね。
どうやら中国人のようです。

で、部屋に案内されたら、女性スタッフがテレビを何やら操作して「このテレビ、中国のも見れるので(日本のテレビに)切り替えました」と…

ここで確信。
ありゃ〜中国人向けのホテルだったんか!
道理でホテルの名前が日本に馴染みがない漢字の並びだったわけだ。



部屋は4人部屋なので結構広め。
でもちょっと殺風景かな。



部屋からの眺めはなかなかgood!

私達が日本人だからか「浴衣をお持ちします」と部屋に持って来てくれたんだけど、浴衣というよりは作務衣に近くて、冬場には寒いでしょというくらい薄手で、パンツも短く、柄も子供用みたいで、正直これを着てホテル内をウロつくのは微妙だなぁと、寝間着としてしか使いませんでした。

テレビの下の、おそらく中国人向けのテレビに切り替える装置みたいな物もうっかり取り出したらホコリ溜まってるし、押し入れの中の暖房器具はいろいろ剥き出しだし、テレビ台の下の金庫に敷かれたダンボールも手で破いたまんまの切れ端で、まぁ開けなければ見えないところなんだけど、開けて見ちゃったら苦笑いするしかない状況があちこちに。

部屋にホテルの利用案内的な物が一切ないので、ちょっと不安になりホテル内をチェックしてみる事に。
部屋の冷蔵庫にドリンク系がないので自販機を探せば、ホテル入口の外側に1つだけ。
館内用のスリッパも裸足で履くにはちょっと抵抗あり。



日本の旅館とはやっぱり装飾品の趣味が違いますね。
食べ物や飲み物の持ち込みOKとの事だったので、駅近くの酒屋さんでお酒やおつまみを購入。

夕飯前にさっそくお風呂へ。
ところがですね、シャワーのお湯がいつまでも温かくならなくて!Σ(OωO|||)
ひ〜こんな寒い時期にお湯で洗えないなんてどうしたらいいの!?(≧ω≦)
他のシャワーも出してみたけど、どれも同じ。
おまけにシャンプーはあってもリンスがない!
嘘でしょ〜ん!(|||∇|||)



浴槽は広々してて、お湯の温度もちょうど良くて、気持ちよかったですよ。
で、脱衣所には化粧水的な物は一切なく、なぜか歯磨き粉は2種類備えてあって、リステリンも。
中国人は、肌のお手入れよりも、歯磨きの方が重要なのかな?
ブラシも2、3個置いてあるんだけど…これ他人と共有するのか…?Σ(゜д゜;)



で、夕飯はバイキングだったんだけど、メニュー少な!
中華料理かな〜と、シュウマイやらチャーハンやらエビチリやら小籠包やら杏仁豆腐やらを想像してたんだけど、日本人向けに頑張った結果なのか和食も混ざってて…
味はね、まぁ美味しかったんだけど、天ぷらがあるのに天つゆがなかったり、飲み物がコーヒー以外になくて「え、このメニューでコーヒーは合わなすぎない!?」と思って、個人的に言ってお茶を出してもらったり、お醤油の注ぎ口が片方詰まっちゃってたり、何か…こうね…行き届いてない感がとにかく多くてね (;^_^A

私達も最初は戸惑ったんだけど「これも文化の違いなのか」と、日本人から見ての「ちょっと残念なところ探し」みたいな形で楽しんじゃうことにしました!(≧∇≦)b

夕飯を終えたら、もうやること特になし。
部屋に布団を敷いて、テレビを見ながらひたすらグダグダ。
お風呂が23時までだったので、それまでにもう一回入るつもりが私は眠気に完敗し、友人だけが浸かってきました。
夜中にようやく復活出来たので、買って来たお酒やおつまみで軽く宴会。
お布団はフカフカだったので、ぐっすり安眠出来ました。



朝食もバイキング。
やっぱりメニュー少な!
洋食と和食のお料理。
やっぱりね、パンにつけるジャムやピーナッツバター用のナイフが備わってなくて、仕方なくコーヒー用のスプーンで代用したり。

そのままお風呂に直行。
何と、夜は気付かなかったけどリンスがあったよ!
ちゃんとシャンプーとセットにして置いておいてほしいわ〜(T∇T)
しかもシャンプーと銘柄全然違うし(笑)
お風呂から出る時のシャワーがまた全然温かくなってくれないし!
アメニティーも「これいつから置いてあるの?」と思うような、もう固まっちゃってる物もあったりね (;^_^A



このホテルは12時チェックアウトなので、その後は結構のんびり出来ました。
温泉に入れる時間が短いのも、日本と中国の感覚の違いなのかな。
単に従業員が少なくて掃除が大変なのかな。

最初はどうなる事かと思ったけど、自分達なりにこの「残念感」をポジティブに捉えて、これはこれで面白かったかも。



ひどいホテルというわけではないんです。
きっと、お国柄の違い。
元は保養所だった所らしいんですけど、それなりにロケーションもいいし、部屋の造りも良かったし。
よく海外に行くと「シャワーのお湯が出ない」とか、私もハワイ旅行の時のお料理は美味しくなかったし、日本じゃ考えられない事が当たり前だとすると、外国人にとっては、ここが「最高のホテル」と思うのも間違いじゃない。
このホテルのレビューを見ると、外国人受けはとても良くて、日本人からは「良かった」の声と同じくらい厳しい意見も。
でも、そのレビューに応えて、少しずつ改善していこうとしている様子も伺えたし、従業員の方達も日本語が上手じゃない分、何とかお客さんをもてなそうという誠意は感じられたんです。
思い返してみれば、今はどうだかわからないけど、20年以上前に友人と箱根に泊まった旅館なんか、部屋は隣の声が筒抜けだったし、トイレはアリンコの大群が凄かったし、お風呂は扉を開けた瞬間、みんなで笑い崩れたくらいお粗末だったし、仲居さんは感じ悪かったし、それに比べたら全然いい。
私達もここんとこずっと贅沢過ぎる宿に泊まり慣れて、それが当たり前になっちゃってたかも。
まぁその分、日本の「おもてなし」の素晴らしさも改めて実感出来たけど。

正直、再び訪れることはもうないと思うけど、いきなり当日に予約した私達を受け入れてくれたホテルには感謝です。
廃墟じゃなくて良かった〜(*´∇`*)

帰りは、観光せずにロマンスカーで東京へ。



日帰りの曽我梅林散策のはずが、急遽箱根一泊という展開。
これも行き当たりばったりな「ちず散歩」の恒例ということで…(;^_^A




1日1回、ポチッとクリック!
ご協力お願いします!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加