cosyoyoのコスプレ同好会!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

じゃないよ

2017-07-06 16:58:05 | 日記
「デートは楽しかった?」

何か?」

…………デートは楽しいですか?私はあなたに聞きました。」

「あれは何?」

……反、どうせ……仕方がないと出かけた女の子と比べて、一緒に外で楽しく遊び、一緒にケーキを食べた女の子が好きだ、きっと……」

「それは……妖精がツイッターを書くということを、あなたは妖精が書いているのでしょうか。」

和泉徴宗先生――とデート中なう♡

……………………」

中には。

「じゃないよ、それは妖精が冗談だと知っているのかな。あいつと一緒に編集部に行くって言ってたじゃない?彼女が本当にケーキを食べているからと言って、デートじゃないかな。」

…………ふん。」

これは本当ですね!私を信じてるよ!」

どうして私は妹に対して、不倫の後で口実を探しています。

でもあなたは小さい妖精は客間に入りましたね、それは何の意味ですか?」

「など、本当にあなたが部屋を出てから出てないと知っていても。!」

「ふん、これくらいのことで、息によって分かることができるのです。」

負けず嫌い、これが家にしゃがむ奥義の二つか。

だから……どうして客間と小妖精いちゃつきふざけるの?」

君にはないかと言ったら!」

僕も必死に「自分と主張しない妖精デート」も「ないでいちゃつきふざける」、最後紗霧を維持しているの巢は布団の状態で、低い声でそう言って:

…………お兄ちゃんは女の子とデートしないで、分かった?」

……こんな驚くべき命令が出てきたとは思いもしなかった。

なんと、一生涯、なんて言っても。」

対……一生涯。ために……」
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 他の作家と自分の販 | トップ | 実はそう――」 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。