cosyoyoのコスプレ同好会!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

可愛い眉に紗紗。低い声で

2017-07-11 17:17:09 | 日記
小説スタイル、小説の好み及び仕事の方式。それぞれの良し悪しが私よりも数倍にも高いと思うが、私は本当に親近感を感じています。

…………彼女はまったく知らない。」

へー「えっ?」

私の疑問、紗が目をまどろんて口を尖らして。

彼女は絶対、知らない。知ってても知らないと思ってた。あの人はお兄さんと同じだから。『状況が違う』というのは、『状況が違う』だから、この様子、また、もっと妖しいになりますよね……猜した。」

「何、意味?」」

哼「口ずさん!」

紗は私の問題に答えてくれなかった、取っ手が交差していると、胸がクロスオーバーている:

「だから兄は今、あの人には、どう思うの?」

「どう思うんだ」「聞いてよ……もちろんそれは……好きでしょう。」

「あ?」

可愛い眉に紗紗。低い声で:

……あなたはさっき、彼女の告白を拒否するのではありません……?」

「断ったよ。私は今、%と付き合ってはいません。私が好きな人——告白されでも、私はやはりとてもうれしい、私の小説は、彼女にとっても世界で一番面白い――初めての人はそう言って……だから私は彼女が大好きになって。」

この行為を告白するなんて、本当にすごいですね。

明らかに三年とされる宿敵怨みの相手で、この一撃をすべての負の印刷消滅て縦に影の無。

自分の相手に対しても、彼女の長所を見ることになります。

一番好きな妹を褒めた時、彼女が彼女を表現することができます。

ない、ない……しないで…………」

紗は顔の複雑な表情で低吟ている。迎えに出てきて私を狙う。

……好き、好き?」

うん、えと………………これは……今の話、たぶん世界で二番目に好きです……でしょう?」

私も自分があの人を好きになってしまうと、私も自分で言って、びっくりしました。

「第、第…………………………最初は?」

「それは…………」
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 妖精は悪意を悪様笑う | トップ | 妖精は、私の後に挿話に »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。