cosyoyoのコスプレ同好会!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

こんにちは、私の侵入

2017-06-17 17:17:14 | 日記
「山田妖精の先生────あなたが自宅で行います?」

........................

「こんにちは、私の侵入──」

少しでもが応答しませんでしたので、私はスタジオに行くと見ることにしました。

まさか......これは明らかに普通の状況ではないので。

".................."

私は警告がスタジオに立って、階段を昇っておく──妖精は、ゲートを閉じました。

私は、はい......内側からドアとして「部屋を開けないようにしてください」のようなビットを素晴らしい圧力を感じました。

私は、ドアハンドルを保持し、ツバメの唾液をgurgle。

ジジは......ホラー映画のようなのような音で、ドアを開けます。

それゆえ、私は非常に身近な声だと言って、がたつき。

これは、キーボードの音です。

「悪魔──」

彼女はもともと大声で呼び出してみたかったが、ない方法。私はスタジオ内で見ているので、パソコンデスクの側から妖精ショットを座って。

それは今、私は見たことがない深刻な式に前からでした。

この式は、霊を説明したいと大胆に非常に適している、彼女はキーボードを打つためにブログに集中するために、画面に直面しました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« しっかりと | トップ | 彼女がそう言ってから »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。