cosyoyoのコスプレ同好会!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

実はそう――」

2017-07-06 16:58:56 | 日記
「から?何だから?」

「ない、何もないけど!どうして帰ってきてすぐに来ないんですか。結局仕事最後はどうなりましたか。人はずっと気になってた!」

「それは―――」

正直に言えば。

私はとてもあなたに申し訳ありません……」

「えっと……?」」

フトンは少しでも1、紗も奥から少しだけ顔を出してきた。

何か起こった……?」

私はベッドの前にしゃがんで、紗と視線を上に対して……深呼吸の後、話し始めた:

「実はそう――」

数分後——

大体に、この様子でした。」

………………………」

紗は布団から離れ、乖乖に説明を聞いてくれました。ピンクのパジャマを着て、私の前の床に座りました。

表情が変わって、全然見えない……彼女は何を考えている。

……申し訳ない。勝手に私たちの夢——賭けにした。」

「?なぜ謝るの?」

紗霧少し怪しむ異郷がゆがんだ。

「えっと……?」って、これは私が勝手に決めたはずなので。まして、もっと安全な方法があれば、その事情は解決できないということもあるかもしれない……」

他方式「他の方式?そんな彼女に言い放ち?あんな人は私たちの夢を笑う、君は本当にいいと思う?」

もちろんだめだ。」

すぐに答えて。この件だけ相談していないので。

「それじゃ、問題ないの?」
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« じゃないよ | トップ | 自分の売上高ははっきりしない »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。