cosyoyoのコスプレ同好会!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

しっかりと

2017-06-16 17:11:18 | 日記
そう、このさんはネットでスーパーで買い物をして。」

つまりインターネットを利用してご注文はどんな食材や他のものはみんなを直接宅配サービス。

本当に便利なのかもしれないが、値段が高いので、私はこれまで使っていませんでした。

「来てください、あなたはあちらへ持ってきてください。」

しっかりと。」

私たち二人一緒に食材をキッチンに運んで、冷蔵库に入れて。なんだか、ご飯を炊く空気になっているという感じですが。私は彼女の仕事の様子を見に来たのに。

……あなたは何かを煮て欲しい、私は手伝いますか?」

「いや、今日はやっているわけじゃないので、お嬢さんは一人でやってます。あなたは応接間などにしましょう。」

やつの意図は理解できない。それに何というのはそんなストーリーじゃない?

材料からして、花には時間がかかるようだ……先に家に帰ってもいいですか。先に仕事してみたい。」

だめだ。仕事が欲しいなら、ここに書いて、いいでしょうか。」

いくら必死にもがいても彼女は逃げてくれない。

……このやつ……何を考えているのか。

妖精はわからない考えだが、ここで仕事以上なら、脱出の必要がない。

妖精のスタジオに移動し、USBを挿入してから印刷原稿を開始する。この前も彼女とは何度も借りれて、プリンターの使い方が知りました。

妖精は高級な業務用レーザープリンター、性能は超良いです。私の部屋はこの機械、必要なときには学校の職員室やインターネットカフェプリント、だから私はいつもとても彼女を羨ん。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 私はMAX燃焼の意 | トップ | こんにちは、私の侵入 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。