cosyoyoのコスプレ同好会!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

どんどんトントンとどーん

2017-07-13 16:57:30 | 日記
二人の意図が分からないという意図に戸惑う。加えて、やっと彼女に告白されたばかりの中村徴学姉、私は絶えずとドキドキ、仕方なく普通に考えて。

迎えに―――

どんどんトントンとどーん!

あなたは私に私に1点が少し悪くないとする!客間に響き渡って、リビングに響き渡っている。

数分後——

私はエロス漫画先生のタブレットPCを持って、私の家の客間のソファーに座って。隣はとても不安の上に座って難しいシド、妖精と中村徴学姉は配置が僕とは違うのソファーに座っている。

これで問題ない。」

良い位置を分配するエロ漫画先生、満足そう(画面で)頷い。

説明してみると、怒りの床が鳴り響いて、私は先に二階に行きます。

次次エロ漫画れて先生にひどく叱り後、次は「すぐに席替え」の命令、そして持って连結Skypeのペンに戻って客間に電気――大体こんな発展。

「あ、あははは……すみません……」

私のそばで見ていることを整えて段発展のシド、おどおどして私に聞いて言う:

さっき……階上からトントンどーんの音は……?エロス漫画先生と……何か関係がありますか。」

「それは騒現象だから。」

声変わり漫画の先生は変声器の声で話しています。

「えっと……でも……」
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 妖精は、私の後に挿話に | トップ | お嬢さんと2人で »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。