cosyoyoのコスプレ同好会!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

妖精は、私の後に挿話に

2017-07-13 16:56:55 | 日記
ちょっと考えてみて、ありませんか。そのケーキ店を舞台にして癒し学部小説です……」

私は見ていません。」

……そういう状況だよ。この人は本当に興味のない話に出会い、ボケ老人と2種類になります。

「じゃあ、この様子はエロ漫画の先生以外は全部そろっていますね。全員そろって、改めて自己紹介――」

「それまでに先に決めておきましょうね!」

妖精は、私の後に挿話に挿話。無理矢理私の腕を抱きしめて:

「お嬢様はお隣に座っています♪お隣に座る」

このとき村はあねの眉間がかすかにうごめかすている。

「もしもし、その……山下さんは何の先生ですか。面皮も厚いよ。」

あなた、あなたは!どうして今までにこのお嬢さんの名前が分からないんだ!このさんがあなたはATMの恩を教えてくれているのを忘れてしまいましたか!」

「ATMは何?」

「銀行でお金をもらっている機械ですね。!このやつ!本当に面倒です!」

彼女は人に面倒をかけているわけではない、本当に自然にこの話を言い出している。

とにかく!この席はお嬢さんは絶対に出てはしない!」

「じゃあ私は別の隣の隣にします。宗次朗、いいでしょうか。」

「どうぞ、このようにしてください。このような会は人にとても恥ずかしいことをさせます。」

など!どうして中村さんにしか恥ずかしいんだよ!お嬢さんがかわいいとしても!」

二人の美少女が、中間口論に夾―――。

……やばい、私は始めて眩みた感じた。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 可愛い眉に紗紗。低い声で | トップ | どんどんトントンとどーん »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。