cosyoyoさんのコスプレ衣装部屋

コスプレ衣装ならcosyoyoだよ!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

そうだ、よかったのはすごいですね

2017-07-13 16:55:20 | 日記
「でもね、中村徴学姉小説の設定で、明らかに創作した超詳細な独創経済流通システム、どうして知らないお金を受け取る方法は?」

結果村ではあねが恥ずかしくて:

……小説に書いた知識と自分が実際に操作するとは全く違うよ。私は本当にとても苦手なものはそれをタッチするものです。」

助からなかった、この人は既に文明社会に捨てられた。

妖精も厳しいツッコミをつっこん:

「あなたのこの原始人、そこをどけ回大正時代とか。」

私は、私はコンピュータを使うことができます……少しずつでも……」

まぁ、やっぱり彼女はネット小説を読んでみても。どれくらい使うべきでしょう。

「そうだ、よかったのはすごいですね。本当に、銀行にそんなに多い人も、結果あなたが並んでいる途中から小説を書き始めからない何度チーム転位……お嬢さんは絶対にあなたと一緒に並んでいるのではありません!」

論争をしない2人、私達はついに客間に到着する。

起き上がりに立って待っていたシドに対して、年齢の超小型の2人がお辞儀をする。

「こんにちは、お疲れ様でした。」
ナイツ マジック コスプレ衣装はcosyoyoです

「呵、お前など、久しぶりだね。」

妖精をとって副が跩のボス模様。もう一方の村では%は先に彼を見て、そして私はそれを見てみて:

「彼は誰?」

「『ライトノベル天下一武闘会』の競争のライオン童国光先生よ。」

疑問に答える。

「この人はありますか?」
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« かわいいやつが恥しだなんて | トップ | だって、お次て »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事