cosyoyoさんのコスプレ衣装部屋

コスプレ衣装ならcosyoyoだよ!

私は自然にそう答えると

2017-07-11 17:15:36 | 日記
中村徴学姉を用いて掲載雑誌で勝負の百ページの小説を伝えて彼女は私の愛。

三百ページのラブレターに、紗に愛の告白をしているように。

%が書く小説(恋文)と私の違い、完全なごまかし、偽装は一切しなかった……内情を知る人は、見ただけで気づかないで。

具体的には、私、紗、妖精、そして責任編集という神楽さんも。

同行する人が発見している人もいるかもしれない。

振り返ってみると、村の%は、本当に大変な事件だと思う。

本当に瘋狂の大きいさんですね。

「その小説を読んだ後には――と感じることができる……あの人は……………………兄がどんなに好きなことか。でも、私は知らないが、兄はどのように答えて。」

私は断ったよ。」

私は自然にそう答えると。

私は、好きな人がいる。」
ナイツ マジック コスプレ衣装はcosyoyoです


あいにくの、この紗は私を拒否する時、まったく同じ台詞だ。

「はい、そうです……そうですか。」

一瞬……明るい表情――と思って、結局、彼女はすぐ口を尖らして。

不思議な反応だね。ほんの数秒で、表情が千変万化とは。

「よ……わ……私もとても興味があって、聞いたのではありません……でもそうですね!」

紗の霧は見た目で無表情だが、実は彼女は簡単に感情を顔で書くタイプ――でも今こうして私はまだ本当にわからない。

「結果について……あの人の……答えは?それは、私も好奇心から知りたくて。」

彼女は『私は知った』と言いました。」

私と当時そっくりな台詞と。やっぱり私に似ている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いろんな意味で | トップ | かわいいやつが恥しだなんて »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。