cosyoyoさんのコスプレ衣装部屋

コスプレ衣装ならcosyoyoだよ!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

だって、お次て

2017-07-15 17:08:02 | 日記
「これ、この死シスコン、なんと言うそう凛々しい……でも、本当にいいですか?美少女たちと一緒に南の島、夏を楽しんで休暇を本さんはしかし作家のスキルの獲得する貴重な機会ですよ。」

何の意味ですか。」

なぜ休暇に行くには作家の技能を高めることができますか?

「だって、お次て執筆たくさんのかわいい女の子が登場するラブコメディーシリーズ作品でしょう。今後も『水着シーン』というのがある時はないと書いてあります。」

!」

「取材の時に行ける機会があっても行かないで、身を書くラブコメディーの先輩はそう思いますよ~」

う、ない……」

妖精の売り込んだと知りつつも、それには確かなことだ……!

呻吟ている私を見て、妖精は大きな動きを出して、追撃していったように言いました:

「本さんは知っていい場所ではなく、予約が宿泊施設、そしてて美しいビーチと自然、ライトノベルの舞台として適してよ!アニメのロケもできる場所にまでは!」

「だって、でもね……私も仕事があるし……」
ナイツ マジック コスプレ衣装はcosyoyoです

『夏の取材&執筆合宿』と名づけられて!これは君たちの夢を達成するために、絶対に欠かせない活動だよ!」

てはならない……ない……でも、妹とは離れたくないから……」

私を見るより思案投げ首、妖精続けて私を見て、そして頭もしないにとて村徴学姉の胸。

あなたが参加すると、本さんと中村さんが水着を着ていることが見えます!」

「おい、そこのとんま。私は行かないと言ったでしょう。」

たとえ村徴学姉こんなに吐嘈、妖精も容赦ない停頓。

「あいつの後には当さんはきっと彼女を説得して、だから気にしないでね!な!まだ迷っているのかな?0K本さん、わかりました。君がそんなに断固としているからには、私も切り札を出すしかない。」
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« そうだ、よかったのはすごい... | トップ | 抱っこ、ごめんなさい »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事