cosyoyoさんのコスプレ衣装部屋

コスプレ衣装ならcosyoyoだよ!

今日は……私に

2017-06-16 17:09:42 | 日記
トランシーバーの後、玄関の大門は少し開いて。もちろんこれは何のために不思議な力で開くのではなく、屋内の妖精スイッチを押すだけ。

……こんな茶番茶番をしないと、室内に入ったことがないので困り。もしこの手続きで、うちの「開いた部屋」を開けると、何度もする。

私の顔を感じずにひとしきり熱くて玄関前に、さっきあのようなを神聖な会話は消滅と同じように、私は全力で扉を開ける。

そして、白いエプロンの妖精が現れました。

あなたが来ているのは!お久しぶりですね!」

……あなたのこの格好はどうですか?」

彼女は私に大きな目を見開いている。

「今日は……私に見せてくれない……あなたは仕事中の様子をお仕事にしてはありませんか。」

私はそう思って、しかし目の前に現れたのは、山田妖精大師着に華麗なフリルエプロン姿。私はこのようにショックを受けても仕方のないことがあります。

自分が間違っていると思い、メイド喫茶に入りました。

妖精は、エプロンをしていて:
SINoALICE シノアリス コスプレ衣装はcosyoyoです

「あなたが見て、お嬢さんが頑張っている仕事中です!」

「あなたの仕事、小説家というべきでしょうか?」」

メイドではないはずだよね?

何か「何?どうしてこのような問題を聞き知っていながらわざと尋ねるの……?」

「この瞬間、私は何もわからないという瞬間に、私は聞きましたが、私は聞いてね。小説家の仕事、どうしてエプロンを着て必要なの?」

「エプロンをかけてからできること、料理以外は別にしてないの?来、お嬢さんと歩く。は?彼女、彼女はいったい……何か言いますか。

私は疑問が完全に解答の情況を得ていないで、妖精は客間に連れて行って。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« けない部屋 | トップ | これは »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。