cosyoyosaのコスプレ衣装部屋

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

妖精は少し考えた後に

2017-07-13 17:00:21 | 日記
不安とか不安とか。」

妖精はそっと手を振り振り、唇を私の耳の横に湊:

「このに比べて……私は、他の男と他の男と話す、嫉妬させて。心配しないでください♪はただツイッターでちょっと何の話を言ったことは、彼が何を考えて、だからあなたはそんなに心配しなくてもいいよ。」

何か「何?」

こいつは何言ってるんだろう?

妖精は唇を私から逸らし、見回すキッチン。

「だから?食事の準備はどうなりましたか。は標準的な原則に適合して。」

「次はバーベキューでさえすれば完成しました。私は一人でやったら、あなたは先にリビングなどに帰ってよ。」

エプロン、頭巾、頭巾、頭巾、頭巾、頭巾。

妖精は少し考えた後に。

ええ、そうですか、そうですか……って、このキッチンは本当にすごいですね。設備は当さんの家よりもそろっている。今度もお嬢さんに読んでみては。」

「はい、はい。糸の分も一緒にやってたら。」

妖精は妖精のように、彼女は超料理することができます。

君がこんなに言っていると、知っているよ。あ、そうだ、これはお嬢さんと中村君のプレゼント。」

これは、これは……!」

「必要になるでしょうか?今は先に使わないで……あとは妹にサプライズのサプライズは?」

「しぼみ、妖精!これだと!私はこの物が欲しいです!」

はいはい、ご遠慮なく。あなたが本当にとても簡単ですとしても本当に簡単です。」
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« だから、今この文章を | トップ | つまり、祭りで屋台 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。