cosyoyosaのコスプレ衣装部屋

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

また、一枚の

2017-06-16 17:13:37 | 日記
千に千……!」

妖精の表情は、ネズミの猫型ロボットとは違っていて。

「千200には?あなたはちょうど千百200ページを言いますか?」

「はい、そうですね、私はそう言うんです。」

また、一枚の紙を正と負で2ページを印刷したので、A 4用紙を消費するのはこのの半分。約600枚ぐらい印刷されて……この量だと。

……そんなに怒らないでね、お金を払うインクと紙銭私あなたの。」

「お嬢様は怒っているんじゃないの!その問題ではない……あなたは1週間に2部300ページの作品を書きましたか?つまり文庫という二つの重さはあるだろう――これが本当なら、それはそれだろうか?一ヶ月は……えっ、何と書いてもいいですか?」

「8。」

対!八冊でしょうか。2千……何百ページも!つまり、つまり……つまり、つまり……仮説だけど……書く作品が全て発売されたら……」

「1年以内には八十八本が発売されてないの?!」

「は96本が?」

あなたの加減乗除おかしいよ。このベストセラー作家のこの様子は本当に大丈夫ですか?

…………」

妖精は黙って。

彼女の頬が真っ赤になって、しかしまたでは「これは大したことではない」の表情。

「そうだな!は96本とか!お嬢さんはちょっと違算てしまっただけです!」

…………八掛け十二、八连12回を加えよ。」
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 何をしたいですか | トップ |  彼女のように »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。