cosyoyosaのコスプレ衣装部屋

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

だから、今この文章を

2017-07-11 17:19:12 | 日記
紗は、村の%に対して、その意味を尋ねることはできず、彼女にその意味を尋ねていない。

一人で寂しく食べてから朝食後、私は気分転換に外出して散歩に出かけました。

第1集の仕事が一段落しました、私の新作「世界で一番可愛い妹』だけ待って九月十日の発売日が来るだけだ。

「はい、はい、はい、はい……私の新作の結果はどうなるでしょうか。」

皆さんは楽しんでいただけますか?人気が高いのは私を引き続き書くことができることを継続することができますか?「僕らの夢」が達成可能とする読者の響きは?

そのこと、発売日が待たず、読者の傷つく前に本はわからない。

は妖精や村徴学姉はきっと私に反論するだろうが、私小説作品の持つ「力」は、ほとんどが読者からのたちに獲得した。これは、作成段階から「存在」ものではなく、他人の手に送るなどを経て、そして彼らを読む楽しみを獲得して後からは徐々に累積――私はこのような物事。

だから、今この文章を書くし、まだ届いていない読者の状態を手に、私の心に溢れ期待と不安が。

みんなが楽しんでいるなら最高だ。しかし、彼らはつまらないと思う場合、どのようにすればいい。

もうしばらくは自己を捜しましたが、想像すれば発売日のことで、体が震えが止まらない。初めて本を出版してからという日以来、この感覚は全く変わっていないと感じた。

……………………」

涼しい風が頬を摩る。

荒川の水面は朝陽の反射の下で、きらきら光って光を出して。足を止めた時、ジョギングしているおじいさん、元気いっぱい私のそばから走ってきました。

ちょっと冷静になりました。

「慌てても仕方がない、そうでしょう」

川の堤防から荒川のこの場所を眺めることができて、私は小さい頃からとても好きなところです。

時々オヤジとこの串キャッチしたり、友達と一緒に釣りバッタをつかんで、あるいは鳌エビ……自転車の練習もここにあるらしいよ。

そして今私は小説家となり、ここで恋愛喜劇のことを考えていました。
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 私はこのラブレターを読む | トップ | 妖精は少し考えた後に »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。