cosyoyosaのコスプレ衣装部屋

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

ほかにはありません

2017-08-10 16:30:24 | 日記
続いて、爱尔みい今回で優しい……しかし、仕方ない語気には:

「糸霧よ。俺も関係ないから、本心なら話してよ。そうでないと、おもしろい作品が出て、仕方がなくて、明妹とか

あ……ついに、私も分かった。

気づい爱尔みぃの意図した――本当に難しいやつ。

こいつは止まらない扮黒い要求「報酬」の理由。

あんなにたくさんの仕事の理由があるのに、わざと悪人の理由になって。

「面白い漫画を一緒に作って、面白い漫画を作りましょうか!超嬉しい創作をさせて!本気で創作を灌注う!あなたは引き続きこのようにもじもじていくのであればできなかった!老子はあなたの助けになるよ!だから、好きなことがないと大声で叫んだでしょう!」

ほかにはありません。

紗のために。

次に創作のための漫画、私たち3人の作品の読者を読むために。

でも、妖精に嫉妬させたいのは本音だろ。

「俺たち『一緒に創作』の時には……おやじは本当に嬉しいよ。だから俺には失望させないで。」

よく考えてみると、初めからそうだった。

彼女はいつも面倒な行動を起こして、いつも愛に満ちている。

「それは……」

エロ漫画先生が低い声で。

急に担ぎ始めた……

「じゃあ!私は率直に言いました!」

マイクをかけないまでも、大声で話している:
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« こんなに催促して | トップ | 紗が氾と涙を浮かべる »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。