cosyoyoのコスプレ部屋

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

いつのまにか

2017-07-11 17:17:59 | 日記
「誰?誰?言うな。早く。」

強大な迫力に詰め寄るられて、私は仕方なく目の前の紗を指しました。

……はい、あなたです。」

には~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

糸は目を閉じ、顔が真っ赤になる。

彼女は私にこんな当たり前の問題を聞かなければならないのに、彼女はわからない。

また、また来て!お兄ちゃん……!なぜ、このように……!」

紗は泣き出す表情、口が止まらない。出てくると半分以上もはっきり言えない。

「すぐには、このことも……うん、らば~」

彼女は拳を振り続けて私からかけてきて、少しも痛くないです。

いつのまにか、話題は全体がずれていたようだ。

私も恥ずかしいと思うけど!

今はやっぱりテーマに戻ってきて!

だから……糸霧。どうして浴衣を着ているんですか?」

!」

その瞬間、紗が完全に硬直していた――。

「バカ――――には!」

ポンド!「開いてない部屋」大門は、大門と。

「もしもし、もしもし、紗……!あなたは急にどうしたんですか!」

彼女はまた彼女をドアの扉開けたいと思って、しかし扉は再び開いていません。

……って、いったい何なんだ?……」

結果、一緒に食事をしませんか?この勇気は、この勇気を出して、その勇気を出して、まだ輸出がありません。

私は先に!もっともっと好きに!最初から私のです!』
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 超正中心の高速球。 | トップ | 君にはあげない »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。