cosyoyoのコスプレ部屋

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

人にはいないんだから

2017-08-10 16:27:05 | 日記
人を傷つける!

「当然、そうではありませんね!あの!それはそれで!」

私は慌てて弁駁する。

私は最も重視する、紗の霧にすぎない!話したいこと」だ――といった言葉が、そこに私の心の整理がついていない時のセリフを持ってきてから、と心を直接言えば。

「糸霧!エロス漫画の光を出すことができるのはあなただけです!」

「お兄ちゃんは変態!何を言いたいのかわからない!」

ちょっと色色の微妙な違いを彼女に伝えたいと、紗が真っ赤になって混乱に陥る。爱尔みいにも反応。

「もしもし!あちらの!老子の師匠の最終の奥義をしないと、色の行為の隠語ていいですか!」

「人にはいないんだから!」

あなた、あなたはいくつか!何を言っているのか。きっと恥を知らないよ!」

すべての人は自分のことを話して、会話は完全に成立することはできません。

うん、ないかな!ペンネームはエロな意味がないという意味で、この老子は前に言ったでしょう!糸霧、あなたも早く説明してください!」

対、対……爱尔みぃの言ったとおり……『エロ漫画』というのは……島、島の名称。」

紗霧から恒例の解説が、爱尔みぃはこう答えた:

へー「えっ?もしもし、紗――あなたは何を言いますか?『エロ漫画』は……町の名前は?」

へー「えっ?」

へー「えっ?」

………………………………………………ど、どういうこと?」

………………………………………………これはどういうことですか。」

エロ漫画先生とエロ漫画先生グレート。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 読者の手紙を読者に送る | トップ | 人は名前の名前を知らない人は »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。