cosyoyoのコスプレ部屋

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

シドと妖精たちの話を見ている

2017-07-13 16:59:18 | 日記
……エロス漫画先生良い恐怖……

「好きな人以外、恥ずかしがることはないでしょう?」間違いないでしょう。」

「はい、そうです……」

どん!

ぼそっと「ぼそっとすぎたから!」

「はい、そうです!決して恥ずかしがることはない!」

恐怖だよ!

シドと妖精たちの話を見ている。

「彼ら二人、いったいどんな関係なのか?彼ら……男性ではないでしょうか。」

これはとても複雑ですよ。」

聞いた後に、彼らはこのような会話をして。遭った……なんだかシドは私を同性愛。

村の%について、彼女は一人でひとごとの様子を出して、手を出し始めて小説を書き始めた。相変わらずで、超マイペースなお嬢様。

私は先生に耐えられないエロ漫画放出圧力、そして急に立ち上がって、ペンを機の上に置いては低い電気。

私は料理を準備しておきます!そして、自己紹介の時間に入りましょう!」

無視して!逃げたくないな!私は台所に逃げ込むて、私は台所に逃げ込むました。

妖精は後ろから追いかけてきた。

「お嬢さんが手伝ってくれて。」

……あなたが、あなたと来ているなら、エロス漫画先生また怒っているでしょう。」
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 君にはあげない | トップ | 私は関係ない »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。