cosyoyoのコスプレ部屋

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

おかしい?

2017-06-16 17:12:03 | 日記
静かな音を眺めて、軽快に紙のプリンターを吐き出す時。

「おかしい?」

その突然停止して、紙が使い切るてしまったようだそうです。

「もしもし~プリンターの紙はどこに置いているの?」

私は部屋を出て、階下に叫ぶ。そして、エプロンの妖精が早足で上がってきた。

「影印紙は使い終わった?嘘でしょう?前回補充した後、当さんは完全に印刷したことがありませんでしたか?しかも仕事が全くないし。」

…………」

私はさりげない、妖精から目を逸らしている。

「あなたのこの人は!人の家のプリンターを持って大量に印刷したのでしょうか!」

当然に、私の犯行はすぐに露出しました。私は妖精にお辞儀をして許しを許して。

「ごめんなさい、本当にごめんなさい。お金がないと思っていたので、私自身はプリンターを買わなかった……でもすぐには借りれところが、やっぱり便利ですね。」

「だからあなたはやっと走るたびに私の家に来て、本を借りてプリンタとさんね――あなた自身に買って行きました!わあ!部屋には在庫があるA 4影印紙は本当に全部使っている!あなたは本当にただの原稿を印刷するのに用いますか?嘘でしょう?この半ヶ月来てあなたはいったいどのくらい書きましたか?」

いったい何を書いてきたかと聞いて……あのう、私は計算します。

「一週間以内、二部三百ページぐらいの作品を書きました……だから半ヶ月の話、多分千百二百ぐらいのページぐらいでしょう。」
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« く恐怖感、これは私がデビュー | トップ |  私は黙ってその後 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。