cosyoyoのコスプレ部屋

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

彼女は私の目を

2017-07-06 17:01:12 | 日記
何、何?」

…………あなたの頭を触ってもいいですか。」

私はこのような台詞を輸出して言いました。

紗が慌てた口調で問い返して問い返して問い返した。

「えっと……な、なぜ……?」

「私の闘誌を強く励起しているから。」

紗の顔が一気に真っ赤になり。

…………兄……あなたは……ずるいから……」

「だめか?」

……………………」

紗が心にもがいているように見えて、最後には……

彼女は私の目を見ていなかった:

……ちょっとだけ触れて、話はしてください……」

それはちょっとだけ触って。」

妹の銀色の髪には手を入れて、ゆっくりと……なでる。

……あ……うぅ……」

紗霧を撫でられる時の顔は、風邪の時のように、ゆっくりが真っ赤――だってことさえ、私の顔も熱くなった。

「いいえ、恥ずかしがらないで。」

によると……」

怒った表情で私を見て、結局何も言わず頭が低い。

……………………」

………………………………………」

.……………………

無口に瀋黙時間が流れ続け、身体にも燃えるような。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« は私の妹だけど | トップ | この幸せの職業には何もない »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事