cosyoyoのコスプレ部屋

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

く恐怖感、これは私がデビュー

2017-06-15 17:18:21 | 日記
実は、こんなに厳しいしないかもしれないけど、しかし責任編集優しく私の言う「そうか、ごゆっくり発想だろう」という言葉に、私は恐れにまさる。

もし私は渡さない原稿が止まらない他の作品を奪って出版欠員。

一昨年とどんなに一生懸命書いて、たとえ十冊分の書いた文章を一冊さえも出来ないので、挫折の時みたいに。

知らず知らずの間、私が占有する位置は消えてなくなる。虫もさえ私を忘れて。

この現実の想像に満ちて、いつも私を纏っている。

書く恐怖感、これは私がデビュー以来初めての感じです。

好きな題材、やる気MAX燃焼の私―――

戦闘型小説、妹題材小説の私―――

順調に今日のやり方を変えて、挫折に満ち溢れた時期を採用する私——

心が躍ると同時に、不安に潰されるようになっています。

小説を書くときは、初めて小説を書く時

私は、積極的に消極的な落差に、その中で、手を書き続けている。

胸に興奮と恐怖と恐怖、私は細い鋼索の上で前進する。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ | おかしい? »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。