cosyoyonaのコスプレ日記

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

慌てて振り返ると

2017-07-11 17:19:51 | 日記
身長が伸びた、多くのことが起き、父と母もいない……

妹がある。

河川の流れは変わることはない。

私が息を吐く時。

「ああ!あなたを見つけた!宗宗――!」

人が大声で私の名前を呼んでいる人がいる。

うわっ「うわー!」

慌てて振り返ると、そこにはセーラー服金髪の美少女。

山田妖精——私の家の隣に住むベストセラー作家……彼女は間違ってないけど。

普段は蘿スタイルの妖精、今日は国中の学校制服を。学校に行くのに、セーラー服を着ている姿は、まるで役をしているように見えるだけだ。

「ぷっ、大朝早く一顔憂愁としてこんなところにいるのはこんなところです!さすがに作家!カッコイイ——かっこよ!」

「Up、くだくだしいとか!」

私は、私の感傷的な雰囲気を徹底的に破壊されて。

「まだある、あなたは何を装いますか?」

へー「えっ?これ?ほほほ――どうだ?かわいいでしょ。中村さんと比べると魅力的なんでしょうね。」

妖精で腰に手を入れ、副跩のように胸を張って。

それがこの近くに住んではすでに習慣の制服を見て、だから私は洋服自身何も思わない。

とは言え、私は素質が優秀なので、着ているのは本当にかわいいです。

「あなたは出席日数が足りないから、学校へ行って、補習をしましたか。」

「でないからだよ!」

妖精は狂犬の班が怒号て怒鳴るます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 苦くて哀しみも | トップ | 私たちは大会では »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。