cosyoyonaのコスプレ日記

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

この刹那に感じる浮

2017-06-15 17:20:06 | 日記
「あなたは真剣なの?落ちてもケガで解決できるんじゃないの!しかも!このまま踊りは過去も――」

「いつ私もとても真面目に!Upに行く!」

私は静寂を破る、走る、始めた。だって精神の上や物理の上で、すべてによって勢いを推進するので、もう止まらないよ。私は勢いに乗じて走り出て――

併に併。

この刹那に感じる浮遊感は。

すぐに「あ、この下で死ぬのは決まってますよ。と考えている。

ジャンプ距離は言うまでもないが、少し飛び過ぎているようだ。

「こんなにも向こうの窓にぶつかってよ!うん、あ、あ、本当に――!」

妖精は沒が沒することを判断することを判断して、私が飛び出した瞬間、開口大声で叫んだ:

「エロス漫画先生~~~~~!今すぐに窓を開けば、あなたの兄が死翘翘よ~~~~~~!」

なぜゲェゲェ!

妖精の叫びが終わる前に、は私の位置の「開いた窓を開けて部屋」。

あちらに出て、私は半ヶ月で会って、パジャマの妹を着て。

この瞬間、時間が止まっていたかと感じていた。

「―」

体感上は私だと思って窓を開けた後から飛び出して行ったが、あとは後ほど考えてみて、実は、私から飛び出して行く時間の糸と霧が窓を開けた時間はほぼ同時にこそ。そしてこの前に妖精は先に叫びました。こんな話では、各方面から順番に順番がおかしいと感じているのは。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ | 妖精の表情は »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。