cosyoyonaのコスプレ日記

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

確かに相手の実力を

2017-07-06 17:05:56 | 日記
ちなみに、もし中村徴はラ帝茲なら、妖精の戦闘力と当時のグラムの林はたいして違わないで、私は4位は銃を持って地球人程度のおじさん。

やっぱり売り上げは戦闘力という形容方式で、多くのレベルには本当に大変だという。

闘誌を喪失させるだけだ。

また推測だけだけど……しかしこの能力は一覧表、妖精は非常に真剣に作られているはずです。

こいつの性格から見ると、冗談に制作して、彼女は自分の能力を最高値になって、しかも並んでひと山のカンニング技能が。

確かに相手の実力を認めている――勝利のために。

こんな妖精が言った以上、聞く価値がある。

「じゃあ……これはどうですか。戦況は私にとって不利と言いたいですか?」

「そうだ、勝負の舞台、軽小説は天下一武闘会になるんだよ。それは、読者投票で勝ち負けを決めているんじゃないか。この様子、有名な人気作家は圧倒的に有利である。千寿村徴の支持者数は、偉大な本さんは山田妖精の6倍以上、これらの支持者にとって、限りが予想を超えて外のこと、さもなくばきっとに投票が一番好きな村徴先生が書いた小説でしょ。」

「そうですね。」

これも仕方ないが、小説競技とはいえ、完全に対等に勝負は可能ではない。

よく売れる人は、いくら言っても、有利に有利だ。うらやましいですね。

「だから、もしあなたは勝ちたいたあの女――なければ超面白い小説を書き出して、中村徴の支持者が行ぶんどる。させなければならないあれらの見たい千寿村徴の小説を買いに走った雑誌の読者たちと、和泉徴宗の小説がもっと面白い。」

確かに……このように間違いない。」

他にも、他の参加作家がありますが、村の支持者は間違いなく最多だということは。

これは本当に大難関だ。」

和泉徴宗の高階バージョン――そう呼ばれてたあいつ、私が圧倒的な勝利を彼女に勝てたことば。敵のアウェイ戦闘みたいに。もしKO勝利は、自動的に負けで判定。
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« これは何ですか | トップ | ある時、ある人にとって »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。